【GAZOO クルマクイズ Q.24】1991年に登場したダイハツの2シーターオープンカーは?

1991年に登場したダイハツの2シーターオープンカーは?

Aコンパーノ スパイダー

Bオプティ

Cリーザ スパイダー

Dコペン

答えはこちら

Cリーザ スパイダー

1990年代初頭に流行したのが、軽自動車規格のオープンカー。1991年に「ホンダ・ビート」と「スズキ・カプチーノ」が登場し、翌年に「マツダ・オートザムAZ-1」が続きます。この3台は“平成ABCトリオ”と呼ばれて話題となりました。

オープンカーの用意がなかったダイハツは、軽スペシャリティークーペの「リーザ」をベースにルーフをカットしてソフトトップ仕様にした「リーザ スパイダー」で対抗します。ダイハツとしては、1965年の「コンパーノ スパイダー」以来のオープンカーです。重量が増加したため、パワフルなターボエンジンのみのラインナップでした。トランスミッションは5段MTと3段ATの2種類です。

販売されたのはわずかな台数にとどまったので、現在ではレアなモデルとなっています。ダイハツは2002年に「コペン」を発売し、本格的に軽オープンカーのジャンルを開拓。コペンは2014年にフルモデルチェンジされ、2代目となりました。

        

ちなみに、オープンカーを探していてリーザ スパイダーに出会い、およそ18年、20万kmにわたり維持し続けているという女性オーナーに出会いました。詳しくはこちら。

      

【※詳しくは【愛車紹介】《愛娘が18年所有する愛車は父親も魅了した。1991年式ダイハツ リーザスパイダー》
https://gazoo.com/ilovecars/vehiclenavi/200215.html

[ガズー編集部]

「旧車」に関するクイズはこちら!

  • GAZOOクイズ トップへ
    GAZOOクイズ トップへ
  • 【GAZOO クイズ Q.110】「GRヘリテージパーツプロジェクト」として補給部品の復刻販売が開始された「トヨタ2000GT」について、正しくない記述は?
    【GAZOO クイズ Q.110】「GRヘリテージパーツプロジェクト」として補給部品の復刻販売が開始された「トヨタ2000GT」について、正しくない記述は?
  • 【GAZOO クイズ Q.117】1981年に登場した初代「いすゞ・ピアッツァ」の横から見たフォルムは何と呼ばれている?
    【GAZOO クイズ Q.117】1981年に登場した初代「いすゞ・ピアッツァ」の横から見たフォルムは何と呼ばれている?
  • 【GAZOO クイズ Q.121】1971年に登場した「スバル・レオーネ」が次の年に採用した、スバルにとって重要な意味を持つ技術とは
    【GAZOO クイズ Q.121】1971年に登場した「スバル・レオーネ」が次の年に採用した、スバルにとって重要な意味を持つ技術とは