【GAZOO クルマクイズ Q.35】1955年にデビューした軽自動車で、日本で初めてFF(フロントエンジン・フロントドライブ)の駆動レイアウトを採用したモデルは?

1955年にデビューした軽自動車で、日本で初めてFF(フロントエンジン・フロントドライブ)の駆動レイアウトを採用したモデルは?

Aダイハツ・ミゼット

Bスズキ・スズライト

Cスバル360

Dマツダ・キャロル

答えはこちら

Bスズキ・スズライト

1949年に小型車の中に軽自動車枠が設けられ、1951年に改定された「全長3m、全幅1.3m、全高2m、排気量は4ストローク360cc、2ストローク250cc」という規定にそって多くのモデルがつくられます。

ほとんどが商用車で三輪自動車も多く、中でも「ダイハツ・ミゼット」はヒット作となりました。1955年に2ストロークエンジンでも排気量が360ccに拡大されたことを受けて、スズキが発売したのが「スズライト」です。

当時としては高出力の15馬力エンジンを搭載し、FFを採用した画期的なモデルでした。1958年には、富士重工業から「スバル360」が発売されます。1960年代に入ると「マツダ・キャロル」や「ホンダN360」などが誕生し、軽自動車の人気が高まっていきました。

※詳しくは【よくわかる 自動車歴史館】《軽自動車群雄割拠》
https://gazoo.com/article/car_history/141205_1.html

[ガズー編集部]

「自動車の歴史」に関するクイズはこちら!

  • GAZOOクイズ トップへ
    GAZOOクイズ トップへ
  • 【GAZOO クイズ Q.119】F1でコスワースDFVエンジンを使用したことのないコンストラクターは?
    【GAZOO クイズ Q.119】F1でコスワースDFVエンジンを使用したことのないコンストラクターは?
  • 【GAZOO クイズ Q.122】1950年代に多くのアメリカ車が採用していたデザイン上の特徴とは?
    【GAZOO クイズ Q.122】1950年代に多くのアメリカ車が採用していたデザイン上の特徴とは?
  • 【GAZOO クイズ Q.126】1990年に発売された「ホンダNSX」の装備として正しいものは?
    【GAZOO クイズ Q.126】1990年に発売された「ホンダNSX」の装備として正しいものは?