【GAZOO クイズ Q.126】1990年に発売された「ホンダNSX」の装備として正しいものは?

1990年に発売された「ホンダNSX」の装備として正しいものは?

ABOSEサウンドシステム

B衝突軽減ブレーキ

C6段マニュアルトランスミッション

DLEDヘッドライト

答えはこちら

ABOSEサウンドシステム

「ホンダNSX」は、スーパーカーの概念を変えたといわれています。ハイパワーで速く走れるクルマは以前からありましたが、スピード最優先で快適性や利便性は二の次というのが常識でした。乗りこなすには高度なスキルが必要とされたのです。

しかし、ホンダはF1の経験で「速く走るには乗りやすいクルマでなければならない」ということを学びました。ドライバーに忍耐を強いるのは、エンジニアの努力不足だと考えたのです。

そうして誕生したNSXには、オートエアコンはもちろん、電動パワーシート、BOSEサウンドシステムも装備されていました。インテリアは高級感があって洗練されており、シートは豪華な革張り。トランスミッションは5段MTに加え、4段ATも用意されました。

一方、その性能はライバルにまったく引けを取らないものでした。3リッターV6エンジンは可変バルブタイミング機構のVTECを備える超高回転型で、MT車では7300rpmで最高出力の280PSを発生します。アルミボディーは軽量で、最高速度は270km/h。

MTモデルで800万円という、スーパースポーツとしては低い価格も注目を集めました。

※詳しくは【よくわかる 自動車歴史館】《スーパーカーを革新せよ――ホンダイズムとNSX  (1990年)》
https://gazoo.com/article/car_history/170414_1.html

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road