野間ツツジも見頃!圧巻の石垣群や断崖奇岩が続く絶景ロードへドライブ 鹿児島県笠沙町

笠沙町片浦の「大当石垣群の里(おおとういしがきぐんのさと)」は、野間半島北側に位置する約100万個もの石を積み上げた石垣集落。加工されていない自然の丸石をそのまま積み上げた野面(のづら)積みが続き、その長さはおよそ1250mにも及ぶ。石垣に覆われた家並みは圧巻の眺めだ。一帯では、4月上旬にもなると東方に大当海岸を望む野間岳周辺の山々に野間ツツジ(アラゲサクラツツジ)が咲き始め、山肌に色を添える。近くの駐車場に車を停めて、石垣が続く家並みの中の小路を歩いてみよう。

大当石垣群の里から野間岳がそびえる野間半島へ向かって海沿いを走る国道226号は、沿道から絶景の数々を望むおすすめドライブロード。紺碧の海と断崖奇岩が続く他に比類のない景観で、沖合に浮かぶ小島や海に沈む夕日など絶景ポイントが目白押しだ。野間岬に沈む夕日や海の上に怪獣のように横たわる島々など、壮大な光景を望むビューロードでドライブを楽しもう。

「ホキノ山公園」は、大当石垣群の里から国道226号を10分ほど東へ向かった吹上浜にある公園だ。眼下に島々を望み、遠く金峰山、長尾山の双璧を望む景勝地。天気がよい日には遠く離れた桜島の噴煙が見えることもあるという。公園内の歩道が整備されているので、ドライブ中のリフレッシュスポットとしてもおすすめだ。

美しいリアス式海岸や雄大な山並みに囲まれた笠沙町で、爽快ドライブを楽しもう。

大当石垣群の里

海岸線まで山が迫る、平地の少ない丘陵地に自然の丸石を積み上げて宅地造成した集落。石垣に囲まれた家並みの光景は壮観。

  • 写真協力:鹿児島県南薩地域振興局

素朴な石垣が続く細い路地に、ゆっくりと穏やかな時間が流れる。

  • 写真協力:鹿児島県南薩地域振興局

現在アスファルトで舗装されている路面は、以前は石畳だった。

  • 上品で愛らしい、高い木に咲く野間ツツジ。

国道226号

薩摩半島を走る基幹道路で、南さつま市や指宿市、枕崎市へアクセスできる国道。紺碧の海と変化に富んだリアス式海岸は他に比類のない景観が続く。代表的な景観は「南さつま海道八景」の8つとされるが、以前の記事で紹介しているため、今回は八景にも劣らない景勝地をご紹介。

  • 笠沙町片浦の大崩(おおぐえ)から見る野間半島は、隠れた絶景ポイント。

笠沙町に来たら米島の夕景も見ておきたい。夕日に照らされ黄金色に輝く海と米島のシルエットのコントラストは実に壮大。

ホキノ山公園

青松白砂の吹上浜南端にある公園。薩摩の戦国武将、島津忠良公(日新公)は、ここから見える小島で歌を詠んだという。近くの海岸では海釣りや海水浴を楽しめる。

  • 公園からは紺碧の海に浮かぶ島々を眺望。

■大当石垣群の里
住所:鹿児島県南さつま市笠沙町大当
TEL:0993-53-3751(南さつま市観光協会)0993-53-2111(南さつま市観光交流課)
アクセス:指宿スカイライン谷山ICから車で約60分
駐車場:あり(大当集会所)

■国道226号
住所:鹿児島県南さつま市笠沙町他
TEL:0993-53-3751(南さつま市観光協会)0993-53-2111(南さつま市観光交流課)
アクセス:指宿スカイライン谷山ICから笠沙町野間岬まで車で約80分
駐車場:あり(後浜展望所など)

■ホキノ山公園
住所:鹿児島県南さつま市笠沙町片浦988-6
TEL:0993-53-3751(南さつま市観光協会)0993-53-2111(南さつま市観光交流課)
アクセス:指宿スカイライン谷山ICから車で約50分
駐車場:あり

※新型コロナウィルスの影響により内容が変更される場合がございます。各イベント・施設の公式HPにてご確認をお願いいたします。

※記事内のデータは2021年3月現在のものです。掲載後に料金、営業時間、定休日、メニュー等の内容が変更になることや、臨時休業等で利用できない場合があります。また、各種データを含めた掲載内容の正確性には万全を期しておりますが、おでかけの際には電話等で事前に確認・予約されることをお勧めいたします。

[ガズー編集部]

ドライブ情報はこちら

  • ドライブTOPへ
    ドライブTOPへ
  • 笠沙町TOPへ
    笠沙町TOPへ

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス