奈良県高市郡明日香村 縄文、飛鳥時代の歴史が色濃く残る村

奈良盆地の東南に位置する明日香村。飛鳥時代の宮殿の史跡のほか、棚田百選にも選ばれている稲渕地区の棚田や、秋の彼岸花が広がる風景など、四季折々の懐かしい自然風景が残されていることでも有名で、その時々の花のある風景を楽しむことができます。
 吉野川の川遊びや、ブルーベリーやぶどうなどの味覚狩りがおすすめ。ほかにもカブトムシ採りなどさまざまな体験ができます。9月には、村の様々な会場で「光の回廊」を開催。石舞台をはじめ、岡地区の街並みや飛鳥寺など、明日香村内の代表的な史跡、寺社、施設がライトアップされ、その美しい光景に目を奪われるでしょう。また「彼岸花祭り」も行われ、大勢の人々でにぎわいます。清流明日香川では蛍も飛び交っています。

所在地
奈良県高市郡明日香村
アクセス方法
・奈良市内から:京奈和自動車道・橿原出口でおり、国道169号線を吉野方面へ。
  • 当動画は、2010年時点のものです。内容は現在と異なる場合がございます。

記事一覧

関連リンク

近畿地方のムラ紹介

  • 能勢町
    能勢町
  • 洲本市
    洲本市
  • 南山城村
    南山城村
  • 長浜市
    長浜市
  • 明日香村
    明日香村
  • 有田川町
    有田川町