• 特集
  • スポーツドライビングスクール

運転が上手くなりたい!スポーツドライビングスクールを紹介

最初に習うからこそ、上達に直結する

「運転が上手くて困ることはないよね」というプロドライバーは多い。安全性は高まる、運転で疲れにくくなる、余裕を持ったドライビングで周りに気を配れる。良いこと尽くめである。

ではどうすれば運転が上手く慣れるのか。

そのコツはまずは習うこと。自己流で正解だと思ったことが、全然異なっていたということはよくある。ゴルフのテクニックしかりである。基本を習った上で、それを身につけることを心掛けて日々運転を楽しむことが、もっと上達への近道である。

そこでこのコンテンツでは、どんな人にどんなスクールが適しているのか、国内のドライビングスクールを取材してその内容を検証し細分化。自分にあったスクールを選べるようにしてある。自分にはどんなスクールが適しているのかフローチャートから読み取り、是非ドライビングスクールで運転スキルを効率よく高めて、もっともっとドライビングを楽しんでもらいたいと思う。

スポーツドライビングスクールの種類

ドライビングスクールを5つの種類に分類し、初心者もどのようなスクールに参加したら良いのかわかるようなチャートで、自分に最適なスクールを見つけてみましょう。

・運転基礎スクール
ドライビングポジションから基本的なステアリングの持ち方、回し方、ペダルの踏み方から、加速、減速など、運転の基礎的な部分をメインにしたスクール。

・基礎操作スクール
コース攻略ではなく、走る止まる曲がるの基本を学ぶためにオーバルコースや広場のコースなどを使った、クルマが曲がることの基本を学ぶスクール。

・広場スクール
ジムカーナ場などの広場にパイロンコースなどを作り、実戦的な操作やライン取りなどを学ぶ。広場なのでクラッシュのリスクを抑えつつ、本格的なコーナリング操作を学ぶ。

・サーキット基礎スクール
サーキットデビューの基本、コースインの仕方、抜かれ方など、サーキットを走るときの基本を学ぶスクール。安心してサーキット走行ができるようになる。

・実戦スクール
サーキットでのタイムアップを目指して具体的なコース攻略やテクニックについてレクチャーを行う実戦的なスクール。タイムアップにはもっとも直接的な効果が高い。

【あなたに最適なスクールをチャートで判断】

スポーツドライビングスクール

日本中に多くのスポーツドライビングスクールがあります。今回は、その中でもGAZOO編集部が気になるスクールをピックアップしました。

1.トヨタ交通安全センター モビリタ
ドライバー向けの安全運転講習会、幼児向けの交通安全教室、交通安全に携わる人材の育成・指導など、それぞれの対象・ニーズに合わせた様々なプログラムを展開している

・総合トレーニング
内容:運転基礎スクール
概要:免許を取り立てのドライバーだけでなく、運転歴の長いドライバーも含め、街乗りでの安全運転に対する意識を高め、それを実践できるための知識を学ぶスクール

・半日運転講習&車中泊避難プログラム
内容:運転基礎スクール
概要:安全運転の意識を高めつつ、災害時など、いざという時のために車中泊避難の知識も深めることができる、運転講習と車中泊避難講習1日で受けられるプログラム

・総合トレーニングⅡ
内容:基礎操作スクール
概要:クルマの挙動変化を体験し、対処方法をレッスンで身につける。安全運転に繋がるだけでなく、サーキットでのスポーツ走行を始めようと考えているドライバーにもオススメ

・走行データ計測半日プログラム
内容:その他
概要:計測機器でドライビングスキルを可視化。データでドライビングのクセや弱点を洗い出し、明確なアドバイスでスキルアップを目指す。

・Toyota Racing Driver Meeting Special
内容:広場スクール
概要:プロドライバーのレクチャーでコーナリング時やブレーキング時のクルマの挙動変化を体験し、ドライビングスキルの向上を目指す

2.NISMOドライビングアカデミー
内容:広場スクール、サーキット基礎スクール、実戦スクール
概要:現役トッププロが教えるスクールはスキルに合わせて細かくカリキュラムを用意。車種別プログラムはさらに特化したテクニックを養えるスクール

3.砂子塾
内容:広場スクール
概要:濡れた路面でタイヤの限界とクルマの特性を学ぶことができる。砂子塾長を始め、豪華講師の同乗走行に複数回乗れるのが大きな魅力

4.片岡龍也サーキットドライビングレッスン
内容:広場スクール、サーキット基礎スクール、実戦スクール
概要:片岡龍也選手がクルマの扱い方から、タイムアップまでみっちりと教えてくれる、濃密な少人数制レッスン。ビギナー、エキスパート向けに開催している。

5.Masami Meeting
内容:広場スクール、サーキット基礎スクール、実戦スクール
概要:午前中広場レッスン、午後サーキット走行や、丸1日広場で反復レッスンなど基礎から運転を学べる。講師は影山正美&竹内浩典のGT500チャンピオンのふたり

6.TKくらぶ
内容:広場スクール、サーキット基礎スクール
概要:グリップ、ドリフトどちらもみっちり学べる練習会、練習用タイヤの準備、ゆったり走行会は速い人お断りなど、ユニークなコンテンツでスキルアップに有効なTKくらぶのコンテンツ

7.高橋邦明ドリフトレッスンQ&A
内容:その他
概要:D1GPチャンピオン高橋邦明選手によるドリフトスクール。これからドリフトしたい人にも、上級者にも対応できるクラス分けで全員が上達できる

8.チームオレンジ
内容:その他
概要:基礎からドリフトが学べるスクール。定常円旋回からドリフト走行まで学べる、ドリフト派はもちろん、グリップ走行派もマシンコントロールを学ぶのにもピッタリ

9.その他
今回、詳細情報は紹介していない、メーカー系のスクール
・TOYOTA GAZOO Racing Driving experience(通称TGRD)
クルマの『止まる・曲がる・走る』という基本操作、ハイレベルなドライビングテクニックまで、参加者のレベルに合わせたレッスンを展開している。
公式サイト:TOYOTA GAZOO Racing Drivingexperience

・ホンダ Honda Sports Driving School
2022年より開始されました。このスクールはFITのレンタル車両を利用して、初心者から上級者までがスポーツドライビングを学ぶことができる。

GAZOOドライビングスクール(webサイト)

リアルのスポーツドライビングスクールに行く前に、ドライビングに関する最低限の知識を身につけておくことは大事だ。特に、ドライビングポジション、MTの基本操作(コーナリング、ヒール&ツゥ)については、GAZOOでも記事を制作しているので要チェック

1.ドライビングポジション
全てのドライバーが運転席に座って運転していますが、多くの人は正しいドライビングポジションがとれていない。どんな座り方をしても、車は動くので、自己流を正しいと勘違いしているのです。ドライビングポジションが正しくないと、止まれたはずのところが止まれなかった、そんなこともありえる。正しいドライビングポジションを丁寧に優しく解説する。

2.MTの基本操作
MT車を運転していると、かっこよくシフトチェンジをしたくなる。スポーツ走行時に、違いのでやすいコーナリング、シフトチェンジに関わる話を、SUPER GTドライバーの蒲生尚弥さんが易しく解説。蒲生さんの、惚れ惚れするドライビングテクニックも動画で要チェック。

(GAZOO編集部)