【懐かし自動車ダイアリー】2016年(平成28年)~クルマで振り返るちょっと懐かしい日本

スズキ・イグニス
スズキ・イグニス

2016年(平成28年)| 自動車 ~ 燃費や完成車試験の不正が続々と発覚

スズキが2月にコンパクトクロスオーバーのイグニスを、3月にインド製コンパクトハッチバックのバレーノを次々に投入。小型車のジャンルで攻勢をかける。ダイハツは新型軽乗用車のムーヴ キャンバスを9月に、ハイトワゴンのトール/トールカスタムを10月に発売。トール/トールカスタムはトヨタ・タンク/ルーミー、スバル・ジャスティとしてOEM供給され、4兄弟車に。ダイハツは8月にトヨタの完全子会社となり、スズキは10月にトヨタと先進技術で業務提供を検討することを発表した。

ホンダは3月に燃料電池車クラリティ フューエルセルをリリース。8月には2シータースポーツカーNSXの復活を発表して予約をスタートした。トヨタがプリウスに続くTNGA第2弾として12月に世に問うたのは、コンパクトSUVのC-HRである。

三菱は1992年に初代が登場したランサーエボリューションの販売を4月に終了。直後に燃費試験不正問題が浮上する。日産との合弁会社NMKVで開発した軽自動車の燃費を実際より良く見せるため国土交通省に虚偽のデータを提出していたことが明らかに。日産が姉妹車の燃費を測定して偽装が発覚した。1991年から不正が始まっていたことも判明する。スズキも燃費試験で不正を行っていたことを発表するが、本来のデータのほうが発表したものよりも良好な数値だった。

販売停止に追い込まれて窮地に陥った三菱の株式を取得し、筆頭株主となったのが日産である。三菱はルノー・日産アライアンスの一員となって再建を目指すことに。しかし、日産にも不正があったことが発覚。無資格者が完成車の検査を行うことが常態となっていたため、新車販売を停止し、121万台をリコールした。スバルにも無資格検査があり、リコールは39万5000台に及んだ。

  • スズキ・バレーノ
    スズキ・バレーノ
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス
    ダイハツ・ムーヴ キャンバス
  • ダイハツ・トール
    ダイハツ・トール
  • ダイハツ・トールカスタム
    ダイハツ・トールカスタム
  • トヨタ・タンク
    トヨタ・タンク
  • トヨタ・ルーミー
    トヨタ・ルーミー
  • スバル・ジャスティ
    スバル・ジャスティ
  • ホンダ・クラリティ フューエルセル
    ホンダ・クラリティ フューエルセル
  • ホンダNSX
    ホンダNSX
  • トヨタC-HR
    トヨタC-HR
  • 三菱ランサーエボリューション
    三菱ランサーエボリューション

2016年(平成28年)| 世相と文化 ~ 地震と事故、戦後最悪の殺人事件

1月に軽井沢近くでスキーバスがガードレールを突き破って道路脇に転落する事件が発生。15人が死亡し、史上最悪のバス事故となった。スキーツアーの価格競争の激化で運転手の過労が常態化していたことが背景にあったとされる。4月には熊本で14日と16日に震度7級の地震が発生。大規模な余震が断続的に起き、直接死で50人、関連死も含めると200人以上の犠牲者を出す。住宅の全半壊は4万棟以上に及び、熊本城も屋根瓦や石垣が崩落するなどの被害があった。7月には相模原の障害者施設で19人を殺傷する事件が発生し、戦後最悪の大量殺人事件となった。

1月にマイナンバー制度がスタート。デフレ脱却を目指してマイナス金利政策の採用が発表された。待機児童問題が深刻化し、「保育園落ちた日本死ね」というブログが話題となる。東京都では舛添要一知事に公用車の私的利用や政治資金の流用などの疑惑が浮上し、6月に辞任。7月に行われた選挙では小池百合子が圧勝し、9月に都民ファーストの会が発足した。イギリスでは6月に国民投票でブレグジットが決定し、アメリカでは11月にドナルド・トランプが大統領選に勝利。いずれも事前の予想とは反対の結果で、世界に衝撃を与えた。

7月にポケモンGOのアプリがリリースされ、スマホ片手にポケモンを探す人々が街角に出現。ゲームをしながらの運転による死亡事故も発生した。ピコ太郎の『PPAP』が大流行。9月にジャスティン・ビーバーがツイートしたことで、世界的なムーブメントに。10月から放映された連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』がヒットし、「逃げ恥ダンス」が流行。映画では『シン・ゴジラ』『君の名は。』『この世界の片隅に』の3作が興行収入を伸ばした。大隅良典のオートファジー研究がノーベル生理学・医学賞に。

8月のリオデジャネイロオリンピックではロンドンを上回る41個のメダルを獲得。女子レスリングの伊調 馨が4連覇を達成し、内村航平を中心とする体操男子団体は3大会ぶりの金メダルを獲得。NHKで男子テニスの準決勝を生中継していた14日午前1時過ぎに、SMAP解散の速報テロップが流れた。

プレイバック2016年(平成28年)

★アカデミー賞
『ムーンライト』
★日本アカデミー賞
『シン・ゴジラ』
★NHK朝ドラ/大河ドラマ
『とと姉ちゃん』『べっぴんさん』/『真田丸』
★日本レコード大賞
『あなたの好きなところ』西野カナ
★日本ダービー馬
マカヒキ
★日本カー・オブ・ザ・イヤー
スバル・インプレッサスポーツ/インプレッサG4
★新語・流行語大賞
「神ってる」
  • スバル・インプレッサスポーツ
    スバル・インプレッサスポーツ
  • スバル・インプレッサG4
    スバル・インプレッサG4

[ガズー編集部]

あわせて読みたい「あの頃の愛車」

  • 【86 Style with BRZ 愛車紹介 vol.15】車中泊を楽しむ女性86オーナー
    【86 Style with BRZ 愛車紹介 vol.15】車中泊を楽しむ女性86オーナー
  • 購入後1年半で35,000km走ったBRZオーナー
    購入後1年半で35,000km走ったBRZオーナー
  • HKSプレミアムデイで出会ったクルマ好き その1
    HKSプレミアムデイで出会ったクルマ好き その1
  • 20代の頃、飯倉交差点のショールーム越しに観た憧れの存在。2015年式ポルシェ・911ターボ(991型)
    20代の頃、飯倉交差点のショールーム越しに観た憧れの存在。2015年式ポルシェ・911ターボ(991型)
  • 産まれた愛娘のために、クルマの設計士が選んだファミリーカーは2015年式BMW・i3 レンジエクステンダー
    産まれた愛娘のために、クルマの設計士が選んだファミリーカーは2015年式BMW・i3 レンジエクステンダー
  • 子供に受け継ぐコンパクトスポーツ、Vitz GRMNターボ
    子供に受け継ぐコンパクトスポーツ、Vitz GRMNターボ
  • ハイエースでの総走行距離は100万キロオーバー!トヨタ・ハイエース ワゴン グランドキャビン(200系/4型)
    ハイエースでの総走行距離は100万キロオーバー!トヨタ・ハイエース ワゴン グランドキャビン(200系/4型)
  • 5人乗りセダン&マニュアルトランスミッションへのこだわりで選んだ“トランスミッション換装”マークX 350S G’s(GRX133)
    5人乗りセダン&マニュアルトランスミッションへのこだわりで選んだ“トランスミッション換装”マークX 350S G’s(GRX133)

懐かし自動車ダイアリー

  • 2010年(平成22年)
    2010年(平成22年)
  • 2011年(平成23年)
    2011年(平成23年)
  • 2012年(平成24年)
    2012年(平成24年)
  • 2013年(平成25年)
    2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)
    2014年(平成26年)
  • 2015年(平成27年)
    2015年(平成27年)
  • 2016年(平成28年)
    2016年(平成28年)
  • 2017年(平成29年)
    2017年(平成29年)

MORIZO on the Road