【GAZOO クルマクイズ Q.26】MT車でコーナリングする時の操作で、あてはまるものは?

MT車でコーナリングする時の操作で、あてはまるものは?

Aコーナー手前ではフットブレーキを使って減速

Bハンドルは最初は少しだけ切ってだんだん切り増していく

Cシフトダウンはコーナーに入ってから

Dシフトアップはコーナリング中に済ませておく

答えはこちら

Aコーナー手前ではフットブレーキを使って減速

MT車、AT車ともにコーナリング時にしっかり減速を行う必要があります。
オーバースピードでコーナーに進入すると、曲がり切れなかったり、スピンを起こしたりする可能性があり大変危険なので、コーナーに最適なスピードまで減速することが重要です。
AT車の場合は基本的にはフットブレーキだけを操作すればよいのですが、MT車の場合はフットブレーキで減速しつつシフトダウンもコーナー手前までに終了させておく必要があります。

コーナー進入の準備が整ったらコーナーの大きさに合わせてハンドルを切り、一定の角度を保ちます。その際、視線はコーナーの出口に向けておくことで、自車の位置を正確につかむことができます。

コーナリングの最中には、なるべくハンドル操作をしなくてもいいように気をつけましょう。シフトも含め、コーナリング中の操作は最小限に抑えるのが安全運転の鉄則です。コーナーの出口に向けて加速し、ハンドルを真っすぐに戻したらシフトアップしていきます。

※詳しくは、トヨタの元テストドライバーが解説!【I Love Cars! ドライビングスクール】≪MTの運転テクニック!コーナリング時のシフトチェンジ≫
https://gazoo.com/ilovecars/driving/180419_1.html

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road