【GAZOO クイズ Q.102】トヨタの高性能ハッチバックモデル「GRヤリス」について正しい記述は?

トヨタの高性能ハッチバックモデル「GRヤリス」について正しい記述は?

A4.8リッターV10エンジンを搭載

BCFRP素材のルーフパネルを採用

CトランスミッションはMTのみ

D駆動方式は4WDのみ

答えはこちら

BCFRP素材のルーフパネルを採用

「GRヤリス」は、コンパクトハッチバックの「トヨタ・ヤリス」をベースにした高性能スポーツモデル。

世界ラリー選手権のホモロゲーション取得を目的に、TMR(トミ・マキネン レーシング)の協力を得て開発されました。

2020年1月10日に東京オートサロンで先行予約限定モデルとなる「RZ“ファーストエディション”」「RZ“ハイパフォーマンス・ファーストエディション”」が発表されると、約6000台のオーダーが殺到。

新たに発表された、研ぎ澄まされた走りを気軽に楽しめる「RS」、競技ベース用の「RC」は、2020年9月ごろの発売を予定しています。

エンジンは1.5リッターと1.6リッターの2種類で、トランスミッションは「iMT」と「Direct Shift-CVT」を用意。RZとRCは4WDで、RSはFFです。

いずれもアルミ素材のエンジンフード、バックドア、ドアパネル、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)素材のルーフパネルを採用。軽量化を図りながら優れた空力性能を実現しました。

※詳しくは《TOYOTA、新型車GRヤリスのラインアップを発表-1.5L直列3気筒エンジンにDirect Shift-CVTを搭載した「RS」を設定-》
https://gazoo.com/news/info/200602_2.html

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road