スーパー耐久ルール解説Vol.7 シリーズポイント、出場奨励金、ペナルティポイントなどを解説

  • 2022年スーパー耐久第2戦富士 ST-Xクラス表彰台 (c)スーパー耐久機構

    2022年スーパー耐久第2戦富士 ST-Xクラス表彰台 (c)スーパー耐久機構

参加したチームには、順位によってポイントが与えられ、そのポイントの累計で年間のシリーズ順位が決まる。
各クラスのポールポジションには2点が与えられ、決勝レースのポイントは、基本的には1位から10位までポイントが与えられるが、レース距離(時間)によって、ポイントも変動する。
またレースが何かの理由で途中中断となった場合には、ポイントが少なくなることもある。
一見複雑なポイントシステムについて状況ごとに整理していこう。

ポールポジションポイント

各クラス共通、グリッド表ポールポジションに対し2点が与えられる。

順位に対してのポイント

(1)予定されていたレース距離が40分、または100km以上のスプリントレースで開催されるレースには、それぞれ下記のポイントが与えられる。

1位 2位 3位 4位 5位
10 7.5 6 5 4
6位 7位 8位 9位 10位
3 2 1.5 1 0.5

(2)予定されていたレース距離が3時間、または300km以上で開催されるレースには、それぞれ下記のポイントが与えられる(3時間、300km、500kmレースなど)。

1位 2位 3位 4位 5位
20 15 12 10 8
6位 7位 8位 9位 10位
6 4 3 2 1

(3)予定されていたレース距離が5時間、または700km以上で開催されるレースには、それぞれ下記のポイントが与えられる(5時間、500マイル、1,000kmレースなど)。

1位 2位 3位 4位 5位 6位
30 22.5 18 15 12 9
7位 8位 9位 10位 11位以下で完走扱い
6 4.5 3 1.5 1

(4)予定されていたレース距離が12時間、または1,400km以上で開催されるレースには、それぞれ下記のポイントが与えられる(12時間、24時間、1,000マイルレースなど)。

1位 2位 3位 4位 5位 6位
45 35 27 23 18 13
7位 8位 9位 10位 11位以下で完走扱い
9 7 5 3 1

※参加台数が6台未満でクラスが成立しない場合、章典は規定により制限されるが、シリーズポイントはカウントされる。

赤旗中断でレース終了となった場合のポイント

■ハーフポイント
先頭車両が2周回を完了して走行時間が当初のレース時間の2/3未満でレースが中止となった場合は、レースは成立となりハーフポイントとなる。

■フルポイント
2/3以上を完走した後にレースが中断打ち切りとなった場合は、フルポイントとなる。

ポイントの集計

  • 参加台数に関係なく、シリーズポイントは付与される。
  • 全戦(ST-X、Z、TCRクラスは全7戦/ST-1~5クラスは全6戦)の獲得ポイントを集計し、最も獲得ポイントの多いチームをシリーズチャンピオンとする。
  • 複数のチームが同ポイントの場合は、
    優勝回数が多い方
    優勝回数が同じ場合は2位の回数が多い方
    それでも決まらない場合は同様に下の順位で差がつくまで続ける
  • それでも決まらない場合は、最終戦の順位を元にSTOが決定する

出場奨励金の授与

各大会の賞は各大会の特別規則書または公式通知に示される。

授与に必要な出場実績

シリーズ出場奨励金の授与対象となるのは、

  • ST-X、Z、TCRクラスは合計6大会以上
  • ST-1~5クラスは合計5大会以上

の出場実績が必要となる。

出場奨励金の金額一覧

シリーズ出場奨励金
シリーズチャンピオン 1,000,000円
シリーズ2位 500,000円
シリーズ3位 300,000円
シリーズ4位 150,000円
シリーズ5位 100,000円
シリーズ6位 50,000円

出場台数と授与台数

シリーズ出場奨励金は、授与対象条件を満たす車両が、

  • 12台以上の場合は6位まで
  • 6台以上12台未満の場合は3位まで
  • 6台未満の場合は1/4に減額となり、さらに
    4~5台の場合2位まで
    2~3台の場合1位のみ
    1台の場合は対象外
    となる。

NAPAC賞

シリーズで最もポイント獲得台数が多かったクラスで、シリーズランキング最上位の「NAPAC部品搭載車両」に対し、NAPAC賞として賞金300,000円が贈呈される。

※24時間レースなど、レースにより6台未満の場合の減額やNAPAC賞の金額などが変更になる場合がある
※ST-Qクラスは開発車両のクラスのため順位表彰がなく賞典外ではあるものの、「フューチャーアワード」が贈呈される

ペナルティポイント累計制度

ペナルティポイントとはチームやドライバーの安全意識、規則遵守意識の向上のために設けられている。

  • ポイントは大会期間中に科されたペナルティに応じて科される
  • ポイントはひとつの事案に対して、ドライバー、チームに与えられる
  • ポイントは発生月を含めて365日累積される
  • 1シーズン以上スーパー耐久シリーズへの参戦がない場合は、ポイントはクリアされ0点となる

チームのペナルティポイントが累積20点となった場合、このチームは次の大会に参加できない。
ドライバーのペナルティポイントが累積10点になった場合、このドライバーは次の大会に参加できない。

ペナルティポイント一覧

ポイント 事例
+3~+5 同クラス同士の接触で相手をスピンアウト・クラッシュさせる行為
+4~+6 他クラス車、同クラス異周回数車をスピンアウト・クラッシュさせる行為
+2~+3 黄旗中の追い越し(他クラス)
+3~+4 黄旗中の追い越し(同クラス)
+3~+4 黄旗中のスピン・コースアウト
+3~+4 赤旗中のスピン・コースアウト
+1~+3 安全確認義務違反(ピットロードスピード違反等一般規則違反)
+2~+10 報復行為、上記事例で悪質と判断される行為や暴言・暴力行為
+1~ 上記以外のドライバーに関わる軽微な違反行為
+1~ ピット作業違反・その他チームに関わる違反行為(チーム)
+5~ 車両規定違反(チーム)

※最大運転時間超過等ペナルティについても、当該ドライバーが付与対象となる

(文:皆越和也 編集:GAZOO編集部 写真:スーパー耐久機構)