コミックスから飛び出してきたリアルな風吹裕矢仕様

『池沢早人師トーク&サーキットの狼ミーティング』に参加していたスーパーカーのオーナーさんに、愛車のこだわりポイントやエピソードを伺いました!

1973年式 ロータス ヨーロッパ スペシャル(登場キャラクター:風吹裕矢)
オーナー:渡邊 学さん(40歳)

なんといっても真っ先に紹介しなければならないのがこのマシン。ホワイトにレッドのストライプが追加されたロータス ヨーロッパは、サーキットの狼の主人公風吹裕矢の愛車のレプリカ。ボンネットのストライプには、バトルで勝利の度に追加された29個の星まで忠実に再現されている。ベース車のロータス ヨーロッパ スペシャルは1972年に登場したモデルで、ミッドシップに搭載されるのは126psの1.6ℓ直4DOHCエンジン。730kgという軽さを生かしたハンドリングの良さが持ち味のクルマだ。

「スーパーカーブームのピークは知らないのですが、小学校のときに風吹裕矢仕様のミニカーを見てカッコいいと思ったのがきっかけでした。手に入れたのは24歳の時で、まわりの声に押されて8年前にストライプを追加しました。右ハンドルのほか、ミラーの位置とホイールが裕矢のクルマとの相違点です」とオーナーの渡邊さんは説明してくれた。

自慢のパーツはレアな当時もののリヤウイング。走行時のフロントリフトに対応するためにフロントバンパー下にはチンスポイラーを追加している。

(テキスト:川崎英俊 / 写真:金子信敏)

[ガズー編集部]

サーキットの狼ミーティング レポート記事

  • スーパーカーブーム時代にタイムスリップ!? トヨタ博物館の『サーキットの狼ミーティング』に希少車が大集合!
    スーパーカーブーム時代にタイムスリップ!? トヨタ博物館の『サーキットの狼ミーティング』に希少車が大集合!
  • コミックスから飛び出してきたリアルな風吹裕矢仕様
    コミックスから飛び出してきたリアルな風吹裕矢仕様
  • 不動車をベースに自分の手でコツコツ仕上げた一生の宝物
    不動車をベースに自分の手でコツコツ仕上げた一生の宝物
  • 軽量ボディにパワフルエンジンでロータス勢の挑戦を跳ね返す!?
    軽量ボディにパワフルエンジンでロータス勢の挑戦を跳ね返す!?
  • ブーム当時の少年から現代の青年まで虜にするスーパーカーの魅力
    ブーム当時の少年から現代の青年まで虜にするスーパーカーの魅力
  • 『池沢早人師トーク&サーキットの狼ミーティング』来場者インタビュー!
    『池沢早人師トーク&サーキットの狼ミーティング』来場者インタビュー!
  • 会場を埋め尽くした動くスーパーカー図鑑!『サーキットの狼ミーティング』フォトギャラリー(その1)
    会場を埋め尽くした動くスーパーカー図鑑!『サーキットの狼ミーティング』フォトギャラリー(その1)
  • 会場を埋め尽くした動くスーパーカー図鑑!『サーキットの狼ミーティング』フォトギャラリー(その2)
    会場を埋め尽くした動くスーパーカー図鑑!『サーキットの狼ミーティング』フォトギャラリー(その2)

MORIZO on the Road