同じER34型スカイラインに乗る兄と一緒にカーライフを満喫!

2019年3月17日(日)にウッディパル余呉(滋賀県長浜市余呉町)にて開催した「GAZOO愛車広場 出張撮影会 in長浜」では、参加台数約100台、近畿地方を中心に様々な愛車のオーナーさんたちにお集まりいただきました。
今回はその中から、抽選で選ばれたオーナーさんにお気に入りのポイントを伺いながら撮影させていただいたクルマの1台、日産・スカイライン(ER34)をご紹介します。

愛車プロフィール

<車種>
日産・スカイライン(ER34)

<年代>
1990年代(99年式)

<オーナー>
10代男性 滋賀県在住

<愛車とのエピソード>
同じER34乗りのお兄さんと一緒に参加した10代のオーナーにとってはこれが初めての愛車。「兄貴が乗っているのを見てカッコいいなと思って僕も買いました」と3つ離れたお兄さんに大きな影響を受けたことがうかがえる。お兄さんと一緒に湖岸のドライブに行ったりクルマをいじったりと、ふたりでスポーツカーライフを楽しんでいるという。踏んだ時の加速感が楽しく、エンジン周りやエアロなどのカスタムも少しずつ進行中だ。

乗り始めてまだ1年経っていないという初愛車。サンルーフ付きが欲しかったので、条件を絞って探したそうだ。

お兄さんが赤いキャリパーにしたことに刺激を受け、黄色に塗装。足まわりのワンポイントとしてドレスアップ効果大。

美しい焼き色のマフラーは、中古で購入したものを触媒近くで溶接したワンオフもの。これからエンジンもイジっていきたいという。

おなじ車種に乗っているからパーツの供用もしやすい。車内をレーシーに彩るシフトノブは、お兄さんから譲ってもらったおさがりを愛用。

[ガズー編集部]

時代を振り返る

  • 90年代の名車・旧車・自動車史
    90年代の名車・旧車・自動車史

日産・スカイラインの記事

  • カタログ「日産・スカイライン」
    カタログ「日産・スカイライン」
  • 【東京オートサロン2019】パーツメーカー取締役営業本部長が30年かけて育て上げた愛車を展示した理由とは?
    【東京オートサロン2019】パーツメーカー取締役営業本部長が30年かけて育て上げた愛車を展示した理由とは?
  • 【ハチマルミーティング2018 愛車紹介】小学生時代から憧れた西部警察“マシンX”を約14年かけてDIY製作した原寸大レプリカ
    【ハチマルミーティング2018 愛車紹介】小学生時代から憧れた西部警察“マシンX”を約14年かけてDIY製作した原寸大レプリカ
  • 【OPTION SUPER FES 愛車紹介】マニア垂涎!!L型改『TC24-B1』搭載のハコスカとS30Zで親子仲良く旧車ライフを満喫
    【OPTION SUPER FES 愛車紹介】マニア垂涎!!L型改『TC24-B1』搭載のハコスカとS30Zで親子仲良く旧車ライフを満喫
  • 24歳のオーナーが選んだ初の愛車は、父親と同じ車種だった。1995年式日産・スカイライン GTS25t(R33型)
    24歳のオーナーが選んだ初の愛車は、父親と同じ車種だった。1995年式日産・スカイライン GTS25t(R33型)
  • オーナーを選んで嫁いできた、超希少な初代モデル、プリンス・スカイライン(ALSI-1型)
    オーナーを選んで嫁いできた、超希少な初代モデル、プリンス・スカイライン(ALSI-1型)
  • ファン待望の前期型をモデル化~ ミニカー「1/18スケール スカイラインRSターボ スーパーシルエット 1982」
    ファン待望の前期型をモデル化~ ミニカー「1/18スケール スカイラインRSターボ スーパーシルエット 1982」
  • 日産スカイライン…曲線美がたまらない!フェンダー美人なクルマ特集
    日産スカイライン…曲線美がたまらない!フェンダー美人なクルマ特集

GAZOO愛車広場 出張撮影会

  • トップページ
    トップページ
  • イベントレポート
    イベントレポート

愛車広場トップ

  • 愛車広場トップへ
    愛車広場トップへ