運転免許証の取得・更新に必要な視力|不合格への対応や眼鏡等の扱い

運転免許証を取得または更新の際には、視力検査が行われます。免許証の種類ごとに必要な視力は異なっており、裸眼で基準を満たさない場合は眼鏡等で矯正し、条件をクリアしなければいけません。このコラムでは、運転免許証ごとに必要な視力の基準や、視力検査で不合格だった際の対処法についてご紹介します。

あわせて読みたい!
突然のケガや病気!運転免許証はどうなる?

運転免許証ごとの取得・更新に必要な視力

運転免許の種類 視力条件
普通自動車免許
一種免許※1
大型特殊
自動二輪
普通仮免許
  • 両目で0.7以上
  • 片目で0.3以上
  • 片目が0.3未満の場合は他眼の視力が0.7以上で視野が左右150度以上
原付免許
小型特殊免許
  • 両目で0.5以上
  • 片目が見えない場合は他眼の視力が0.5以上で視野が左右150度以上
二種免許
中型自動車
大型自動車
けん引
大型仮免許
  • 両目で0.8以上
  • 片目で0.5以上
  • 深視力※2検査3回の平均誤差が2cm以下

※1 大型自動車・けん引免許は除く。
※2 深視力とは遠近感や立体感を判断する能力のこと。

運転免許証の種類によって視力のボーダーラインもさまざま。両目での視力のみの場合や、片目ずつの視力が必要なもの、奥行きを見極める深視力が必要なものもあるのです。ぎりぎりの場合は再トライさせてもらえることもありますが、視力検査にひっかかると運転免許証の取得や更新はできません。

また、片目の視力が極端に低い場合や失明、白内障の手術をしたばかりなどの場合でも、他方の目の視力が0.7以上かつ、視野角150度以上(普通自動車の場合)あればOKという条件もあります。とはいえ、片目だけが極端に悪いという場合には、遠近感がわかりにくいので運転用に眼鏡を作っておくのがおすすめです。

運転免許証の「眼鏡等」に含まれるもの

  • 眼鏡
  • コンタクトレンズ
  • オルソケラトロジー(医療用コンタクトレンズ)

運転免許証の「眼鏡等」には上記の3つが含まれます。

眼鏡やコンタクトレンズで矯正することで視力条件を満たす場合、「眼鏡等」の条件で運転免許証を取得・更新することが可能です。また、普通と大型の運転免許証を持っている人で、普通は裸眼でOKだが、大型は眼鏡をかけなければ条件を満たさない場合、「眼鏡等(大型車に限る)」と表記されます。運転免許証の取得や更新で写真を撮る場合、度付きのサングラスやカラーコンタクトの使用はできませんが、普段の運転の際には問題ありません。

また、「オルソケラトロジー」という特殊な医療用ハードコンタクトレンズは、寝ている間に装着し、角膜の形を変形して視力を矯正するため、日中は裸眼で生活できますが、免許更新の際には申告する必要があり、「眼鏡等」と記載されます。

眼鏡等を装着せずに運転した場合の罰則

万が一、「眼鏡等」の条件付きの運転免許で眼鏡やコンタクトレンズをせずに運転すると、免許条件違反となり、違反点数2点・反則金7,000円となります。事故を起こしてしまうと過失が上乗せされ、自動車保険金の支払いも減額されることがあります。

もし視力が落ちてきたかなと不安になったら、早めに眼科医へ。また、最近では眼鏡屋さんなどで、無料で視力検査をしてくれることもあります。

レーシック手術で視力が回復したら
近年、視力回復の手段としてレーシック手術が一般化してきました。ところが運転免許証に「眼鏡等」の条件がついている場合、たとえ視力が回復していたとしてもそのまま運転していると、条件違反※となってしまいます。

「眼鏡等」の条件を外すためには限定解除手続きが必要で、運転免許センターおよび一部の警察署等で行うことができます。また、平日しか受けられないこともあるので、あらかじめ電話するなどして確認して行きましょう。

手続きはいたって簡単です。所定の窓口で運転免許証を渡し、「限定解除申請書」に必要事項を記入し、視力を測ればOK。待ち時間がなければ15分ほどでできるようです。運転免許証の裏面に「眼鏡等条件解除」と書かれ、次回の更新から表面の「眼鏡等」の表記がなくなります。更新のタイミングであれば、レーシックを受けて裸眼であることを伝えると、条件解除できるため、簡単です。

※ただし、自動車保険に関しては、レーシック手術で視力が回復した状態で事故を起こしてしまった場合でも、医師の証言などで視力があることが認められれば、通常通り保険金が払われることが多いようです。

あわせて読みたい!
免許取消?免停処分? もし違反をしてしまったら

運転免許の視力検査に落ちた場合の対処法

運転免許証の取得・更新時の視力検査に落ちた場合は、当日再度検査を受けるか、後日受け直しに来るかの2択です。それぞれの対処法について詳しく解説します。

当日再検査する

視力は当日の体調からも影響を受けます。検査時に不調を感じた場合は、時間をおいてから当日中に再度検査してもよいでしょう。再検査までの空き時間に以下のトレーニングで目の血行を促進することをおすすめします。

視力回復トレーニング
①ギュッと目を強く閉じる
②目を開けて10秒間目だけで上を見る
③ギュッと目を強く閉じる
④同じように下・右・左を目だけで10秒見る
⑤指で目の前に∞の字を描いて、それを目で追う
⑥指を奥から手前に動かして、焦点を合わせながら目で追う

目の血行をよくすると、焦点を調節する筋肉の緊張がほぐれ、軽度の近視程度なら視力が回復することがあります。視力回復トレーニングの後に蒸しタオルなどで温めたり、マッサージをしたりするのがおすすめ。また、目の周りにあるツボを押すことでも、血行促進効果が期待できます。

後日再検査する

後日再検査する場合は体調を整え、万が一の場合に備えて眼鏡やコンタクトレンズを持参するとよいでしょう。更新期間以内であれば、何度でも再検査可能ですが、期間内に合格しなければ免許失効のおそれもあるため、必ず合格するつもりでのぞむことをおすすめします。

あわせて読みたい!
運転免許の更新期間についてみる

運転免許のためにも視力は正確に把握しよう

運転免許証に必要な視力や検査について解説しました。視力の基準は免許証ごとに異なるため、視力検査を受ける前に確認しておきましょう。視力検査は不合格になると、再度受ける必要がありますが、再検査で合格すれば問題ありません。

視力は運転する上でとても重要な要素です。眼鏡等が必要であれば自分に合ったものを作り、時々は視力が下がっていないかが眼科で確認しておきましょう。また、レーシック手術を受けて視力回復した際は、なるべく早めに条件解除しておくことが大切です。

視力は目のコンディションによっても上下します。長時間パソコンでの作業をするなど、目を酷使した後は視界がぼやけて一時的に視力が低下することも。運転するときには疲れ目にも注意して、目の調子を整えるよう心がけましょう。

あわせて読みたい!
運転すると目が疲れるのはなぜ?ドクターに聞いたオススメ疲れ目対策
道路交通法に定められた高齢者講習って何をするの?実際に体験してきた

2022.06.16 更新
(GAZOO編集部)