【WRC2021】第3戦クロアチア2日目 首位はトヨタのオジエ、エバンスは2位、勝田は7位、ヒュンダイのヌービルは遅れて3位

  • 33号車(エルフィン・エバンス、スコット・マーティン)

424日(土)、2021FIA世界ラリー選手権(WRC)3戦クロアチア・ラリーが開幕。2日目は8SSSS距離は121.82kであり、今大会最長。青空が広がり、ステージコンディションは1日を通してドライであった。

午前のステージ、ヤリスWRC勢は5本のハードタイヤを選択、首位ヒュンダイのヌービルはハードタイヤ2本+ソフトタイヤ3本と異なるタイヤ選択。オジエはまずオープニングのSS9でベストタイムを記録。順位をひとつ上げて首位に立つ。さらにSS12でもベストタイムを刻み、SS11を制した総合2位のエバンスに7秒差を築いて午前中のステージを終えた。

午後の再走ステージ、オジエはSS15でヌービルとベストタイムを分け合い、さらにSS16でこの日4本目のベストタイムをマーク。エバンスに6.9秒差、ヒュンダイのヌービルに10.4秒差をつけた。

勝田貴元は、SS10、SS14でベストタイムを記録し、前日の総合9位から総合7位へと順位を上げた。またヤリスWRCはデイ2の8本のステージのうち、7ステージでベストタイムを記録している。

<<クロアチア・ラリー デイ2の結果>>

1  S.オジエ     (トヨタ ヤリス WRC)

2  E.エバンス   (トヨタ ヤリス WRC)

3  T.ヌービル (ヒュンダイ i20クーペ WRC)

4  O.タナック  (ヒュンダイ i20クーペ WRC)  +37.8s

5  A.フォルモ− (フォード フィエスタ WRC)  +1m29.5s

6  G.グリーンスミス (フォード フィエスタ WRC)   +2m23.8s

7位  勝田 貴元    (トヨタ ヤリス WRC) +2m46.5s

8  C.ブリーン  (ヒュンダイ i20クーペ WRC)  +3m51.8s

9 M.オストベルグ(シトロエン C3 +706.0s

10T.スニネン(フォード フィエスタ) +8m09.6s

 (現地時間4月24日18時00分時点のリザルト)

 

 

<<明日のステージ情報>>

ラリー最終日となるデイ3、SS17とその再走ステージであるSS19は、今大会最長となる全長25.20kmのロングステージ。また。最終ステージのSS20は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーにボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」。リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は325.13kmにもなる。

詳細はこちら:https://toyotagazooracing.com/jp/wrc/release/2021/rd03-day2.html

[ガズー編集部]

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス