【WRC2021】第3戦 クロアチア・ラリー 結果

2021423FIA世界ラリー選手権(WRC)3戦クロアチア・ラリーが開幕。首都ザグレブのサービスパークを中心に8本のステージが行なわれた。

4月23日(金)初日、8本のステージの合計距離99.82km。WRCでターマック(舗装路)のステージだけを走行する「フルターマックラリー」。午前中のステージに関しては一部に濡れた路面が残り、ドライ路面であっても舗装の状態が刻々と変化する、非常にトリッキーなコンディションになった。首位はヒュンダイのヌービル。トヨタのオジエは2位、、エバンスは3位、勝田は9位、ロバンペラはリタイアとなった。

4月24日(土) 2日目、8SSの距離は121.82kであり、今大会最長。青空が広がり、ステージコンディションは1日を通してドライであった。8本のステージが行なわれ、首位は首位はトヨタのオジエ、エバンスは2位、勝田は7位、ヒュンダイのヌービルは遅れて3位となった。

4月25日(日) 最終日3日目、2本のターマック(舗装路)ステージを各2回、4本のステージで合計距離は78.58km。天候は好天に恵まれ、ドライコンディションでの戦いになった。結果、トヨタ1-2フィニッシュオジェ1位、エバンス2位、差は0.6秒!勝田は3戦連続6位入賞した

 

1  S.オジエ     (トヨタ ヤリス WRC) 2h51m22.9s

2  E.エバンス   (トヨタ ヤリス WRC) +0.6s

3  T.ヌービル (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +8.1s

4  O.タナック  (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +1m25.1s

5  A.フォルモ− (フォード フィエスタ WRC)  +3m09.7s

6位 勝田 貴元    (トヨタ ヤリス WRC) +3m31.8s

7 G.グリーンスミス (フォード フィエスタ WRC) +3m58.8s

8  C.ブリーン  (ヒュンダイ i20クーペ WRC)  +4m28.2s

9 M.オストベルグ(シトロエン C3+10m00.8s

10T.スニネン(フォード フィエスタ) +10m29.3s

 

レースカレンダー

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス