G'sとGRが40台!「team G's of TOYOTA SPECIALIST」オフ会 in みんカラオープンミーティング2018

ドライブに出かけたり、サーキット走行をしたり、キャンプへ行ったり……、クルマにはいろいろな楽しみ方がありますよね。クルマ好き同士で集まる「オフ会」も、そのひとつです。

今回、紹介する「team G's of TOYOTA SPECIALIST」は、「G's」「GR」モデルに特化したグループ。「みんカラオープンミーティング2018」内で開催されたオフ会に伺って、参加者たちの楽しみ方を探ってきました。

全国会員900人の人気グループ

G'sモデルが登場した翌年である2011年に、ノア・ヴォクシーのオーナーズクラブからG'sオーナーのみが独立する形で発足したのが、「team G's of TOYOTA SPECIALIST」。現在、みんカラ上に約900人がグループ会員として登録しており、年に一度、関東・中部・関西のいずれかで全国ミーティングを開催しているそう。

ミーティング開催の参加台数は、毎回100台前後にもなるという人気のグループです。今回の「みんカラオープンミーティング2018」には、約40台が参加。山梨県富士吉田市での開催にも関わらず、遠く兵庫県からの参加者もいらっしゃいました。オーナーさんは年齢も職業もさまざま。これは、ミニバンからスポーツカーまでラインナップしているG's・GRならではでしょうね。

会場では、「初めまして、○○(ハンドルネーム)です~」「あぁ!あなたが○○さんなんですね。いや~会いたかったです」と、みんカラ上の知り合いからリアルなお友達になっていく光景も見られました。

クルマやドライバーの情報交換の場

オーナーズクラブのオフ会に行くと、派手なエアロパーツが装着されていたり、オールペンが施されていたり、同じ車種でも1台1台が個性的に仕上げられているもの。「team G's of TOYOTA SPECIALIST」でもそれは同じで、やはり話の中心はクルマやパーツの情報交換に。そのほかにも、ドライブスポットの話など、話題は尽きません。

興味深かったのは、「燃費」の話。デザイン上、フロントバンパーやグリルの開口部が大きく取られているG's・GRの各モデルは、ノーマルモデルに比べて燃費が悪いことが多いそう。そこで、バンパー開口部をすべて塞ぐパーツを取り付けて、燃費を向上させたという声を聞くことができました。このパーツ温度変化により一部、開口部が開くようになっており、オーバーヒートの心配はないそう。このような生の声で情報交換できるのも、オフ会ならではの楽しみと言えますね。

まずは「みんカラ」をチェック!

「team G's of TOYOTA SPECIALIST」が気なったG's・GRモデルのオーナーさんは、みんカラに登録をしてコンタクトをとってみてはいかがでしょうか? このグループでは、年に一度の全国ミーティングに加え、日本の各エリア事の支部で定期的にミーティングを開催しているそうです。参加してみたいけどちょっと勇気が……という方は、みんカラにアップされているブログなどを見て、まずは雰囲気を感じ取ってみるのもいいかもしれません。

▼「team G's of TOYOTA SPECIALIST」グループページ
https://minkara.carview.co.jp/group/teamgs/

(取材・文・写真:西川昇吾  編集:木谷宗義+ノオト)

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • 秋晴れの中クルマ好きが大集合! 「みんカラオープンミーティング<OPM(オプミ)>2018」
    秋晴れの中クルマ好きが大集合! 「みんカラオープンミーティング<OPM(オプミ)>2018」
  • NISMO、GR、AMG……、ディーラーで買えるファミリー向けスポーツカーブランド
    NISMO、GR、AMG……、ディーラーで買えるファミリー向けスポーツカーブランド
  • トヨタGRは“すべての人が楽しめるスポーツカー”だ!
    トヨタGRは“すべての人が楽しめるスポーツカー”だ!
  • モリゾウ選手も走った!「東京モーターフェス2018」は「胸に、ぎゅんとくる。」プログラムで大盛況!
    モリゾウ選手も走った!「東京モーターフェス2018」は「胸に、ぎゅんとくる。」プログラムで大盛況!

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ