【試乗記】トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)

トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)
トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)

賢者はわずか4%

WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。

狙いはスポーツイメージの定着

フルモデルチェンジを機に「ヴィッツ」からグローバルネームの「ヤリス」に改名。1.5リッター直3ガソリンエンジン搭載車には、CVTに加え6段MTが設定されている。
フルモデルチェンジを機に「ヴィッツ」からグローバルネームの「ヤリス」に改名。1.5リッター直3ガソリンエンジン搭載車には、CVTに加え6段MTが設定されている。
「ヤリス」の6段MTモデルは3グレード展開。今回は最上級グレードの「Z」に試乗した。価格は187万1000円で、同グレードのCVTモデルよりも5万5000円安い。
「ヤリス」の6段MTモデルは3グレード展開。今回は最上級グレードの「Z」に試乗した。価格は187万1000円で、同グレードのCVTモデルよりも5万5000円安い。
6段MTのシフトレバー。今回試乗した「ヤリスZ」のMTモデルでは、確実で軽いタッチのシフトフィールを味わうことができた。
6段MTのシフトレバー。今回試乗した「ヤリスZ」のMTモデルでは、確実で軽いタッチのシフトフィールを味わうことができた。
ヤリスの1.5リッターシリーズには、CVT同様、MTが3グレード用意されている。しかも6段MT。なぜこんなにMTユーザーフレンドリーなのか。2020年2月の発表直後、開発スタッフに質問すると、「ヤリスだからです」とのこと。3代20年続いた「ヴィッツ」の名をヤリスに変えたのは、欧州での「ヤリスWRC」のスポーツイメージを日本でも定着させたいという意図が大きかったはずだ。その本気度を示したのが、フツーの国内ヤリスにもMT常備の品ぞろえだろう。

取扱説明書には1ページ半にわたってMTの解説がある。『①クラッチペダルをしっかり踏む。②シフトレバーを希望のシフト位置に入れる。③クラッチペダルから徐々に足を離す』。変速操作についてもさらりとそんな記述があるかと思えば、1=50、2=87、3=128、4=173と、1~4速各ギアの限界速度も記されている。

余談だが、7段MTの1速で100km/h近くまで出てしまう先代「シボレー・コルベット(C6)」のトリセツには『234km/h以上の時は4速ギアへ入れる』などという破天荒な記述があり、おかしかった。

今回試乗したヤリスのマニュアルは最上級グレードのZ(187万1000円)。同グレードのCVTより5万5000円安い。

フルモデルチェンジを機に「ヴィッツ」からグローバルネームの「ヤリス」に改名。1.5リッター直3ガソリンエンジン搭載車には、CVTに加え6段MTが設定されている。
フルモデルチェンジを機に「ヴィッツ」からグローバルネームの「ヤリス」に改名。1.5リッター直3ガソリンエンジン搭載車には、CVTに加え6段MTが設定されている。
「ヤリス」の6段MTモデルは3グレード展開。今回は最上級グレードの「Z」に試乗した。価格は187万1000円で、同グレードのCVTモデルよりも5万5000円安い。
「ヤリス」の6段MTモデルは3グレード展開。今回は最上級グレードの「Z」に試乗した。価格は187万1000円で、同グレードのCVTモデルよりも5万5000円安い。
6段MTのシフトレバー。今回試乗した「ヤリスZ」のMTモデルでは、確実で軽いタッチのシフトフィールを味わうことができた。
6段MTのシフトレバー。今回試乗した「ヤリスZ」のMTモデルでは、確実で軽いタッチのシフトフィールを味わうことができた。

エンジンの表情がよくわかる

新開発の「GA-B」プラットフォームが採用された「ヤリス」(FF車)のボディーサイズは全長×全幅×全高=3940×1695×1500mm、ホイールベースは2550mm。
新開発の「GA-B」プラットフォームが採用された「ヤリス」(FF車)のボディーサイズは全長×全幅×全高=3940×1695×1500mm、ホイールベースは2550mm。
新開発の1.5リッター直3ユニットは最高出力120PS/6600rpm、最大トルク145N・m/4800-5200rpmを発生。
新開発の1.5リッター直3ユニットは最高出力120PS/6600rpm、最大トルク145N・m/4800-5200rpmを発生。
シフトノブまわり以外のインテリアデザインは、CVT搭載車に準じたもの。スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオは「ヤリス」全車で標準装備となる。
シフトノブまわり以外のインテリアデザインは、CVT搭載車に準じたもの。スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオは「ヤリス」全車で標準装備となる。
試乗車は、オプションの185/55R16タイヤと切削光輝+ブラック塗装/センターオーナメント付き16×6Jアルミホイールを装着していた。標準仕様では185/60R15サイズのタイヤと15×6Jスチールホイールの組み合わせとなる。
試乗車は、オプションの185/55R16タイヤと切削光輝+ブラック塗装/センターオーナメント付き16×6Jアルミホイールを装着していた。標準仕様では185/60R15サイズのタイヤと15×6Jスチールホイールの組み合わせとなる。
1リッターモデルは未経験だが、これまで1.5リッターはハイブリッドとガソリンエンジンのCVTに試乗している。結論を言うと、そこからのMTモデルは個人的にベストヤリスだと思う。

まずこの6段MTがいい。確実で軽いシフトフィールはいまの「ホンダ・シビック タイプR」に似ている。しかしクラッチペダルは軽い。ステアリングも軽い。高性能のヨロイを着ていないから、運転にストレスがまったくない。車重も1.5リッターヤリス最軽量で、1tちょうど。同グレードのCVTより20kg、ハイブリッドより90kg軽い。

新しい3気筒は素直な実用エンジンである。とくに快音を発したり、高回転がおいしかったりするわけではないものの、レッドゾーンの7000rpm手前まで回すと90km/h近くまでいく2速の伸びが気持ちいい。エンジンの表情がよくわかるのはMTならでは。「ワタシがエンジンを制御している」感が味わえるのもMTならでは。“MT車として楽しい、楽しめる”クルマである。

足まわりもベストチューンだと思う。ハイブリッドとCVTは乗り心地が想定外に硬く、荒れた舗装路や高速道路の継ぎ目などでは少なからず突き上げを食らった。新型プラットフォームの採用で旧ヴィッツより歴然とボディーの剛性感がアップしたのはいいのだが、乗り心地はちょっとやりすぎに思えた。そんなネガがこのMTモデルではほとんど感じられない。標準タイヤサイズは185/60R15だが、今回の試乗車も以前乗ったハイブリッド、CVTと同じオプションの185/55R16を履いていた。

新開発の「GA-B」プラットフォームが採用された「ヤリス」(FF車)のボディーサイズは全長×全幅×全高=3940×1695×1500mm、ホイールベースは2550mm。
新開発の「GA-B」プラットフォームが採用された「ヤリス」(FF車)のボディーサイズは全長×全幅×全高=3940×1695×1500mm、ホイールベースは2550mm。
新開発の1.5リッター直3ユニットは最高出力120PS/6600rpm、最大トルク145N・m/4800-5200rpmを発生。
新開発の1.5リッター直3ユニットは最高出力120PS/6600rpm、最大トルク145N・m/4800-5200rpmを発生。
シフトノブまわり以外のインテリアデザインは、CVT搭載車に準じたもの。スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオは「ヤリス」全車で標準装備となる。
シフトノブまわり以外のインテリアデザインは、CVT搭載車に準じたもの。スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオは「ヤリス」全車で標準装備となる。
試乗車は、オプションの185/55R16タイヤと切削光輝+ブラック塗装/センターオーナメント付き16×6Jアルミホイールを装着していた。標準仕様では185/60R15サイズのタイヤと15×6Jスチールホイールの組み合わせとなる。
試乗車は、オプションの185/55R16タイヤと切削光輝+ブラック塗装/センターオーナメント付き16×6Jアルミホイールを装着していた。標準仕様では185/60R15サイズのタイヤと15×6Jスチールホイールの組み合わせとなる。

MTモデルでもACC付き

「ヤリス」(FF車)のサスペンションはフロント:マクファーソンストラット式、リア:トーションビーム式。高速道路の継ぎ目などを軽くいなす乗り心地のよさも、今回試乗したMTモデルの特徴だった。
「ヤリス」(FF車)のサスペンションはフロント:マクファーソンストラット式、リア:トーションビーム式。高速道路の継ぎ目などを軽くいなす乗り心地のよさも、今回試乗したMTモデルの特徴だった。
MTモデルにも「レーダークルーズコントロール」と呼ばれるACCが標準装備。操作スイッチはステアリングスポークの右側にわかりやすく配置されている。
MTモデルにも「レーダークルーズコントロール」と呼ばれるACCが標準装備。操作スイッチはステアリングスポークの右側にわかりやすく配置されている。
レバー操作だけで簡単に前回のドライビングポジションへと復帰できる「イージーリターンシート」は「Z」グレードの運転席に標準装備となる。
レバー操作だけで簡単に前回のドライビングポジションへと復帰できる「イージーリターンシート」は「Z」グレードの運転席に標準装備となる。
後席の背もたれには、60:40の分割可倒機構が備わる。「上級ファブリック」と呼ばれる写真のブラック系シート表皮が標準設定となるが、ベージュ系「クレアトープ」色も選択できる。
後席の背もたれには、60:40の分割可倒機構が備わる。「上級ファブリック」と呼ばれる写真のブラック系シート表皮が標準設定となるが、ベージュ系「クレアトープ」色も選択できる。
1.5リッターヤリスにはグレードを問わず予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティ―センス)」が標準装備されている。「変速は自分でやります」のMTモデルでもレーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト、オートマチックハイビームといった運転支援システムが最初から付いてくる。

レーダークルーズコントロールのスイッチはハンドルの右スポークに付いている。つい指が延びる位置だ。でも、自動変速をやってくれないMTに追従型のクルーズコントロールを付けて果たして意味があるのか。ためしに高速道路で右足フリー運転をやってみると、けっこう使えた。

6速トップで100km/hに設定すると、エンジン回転数は2600rpmを示す。遅いクルマに追いついて、たとえば80km/hあたりまで自動減速する。ウインカーを出してすいた追い越し車線に出れば、100km/hまで勝手に加速する。平たん路なら意外や6速のままでもちゃんと加速するのだ。

シフトダウンすればより強力にダッシュする。100km/h設定だと3速まで落とすことが可能で、シフトアップしないと5200rpmをキープしたまま100km/h巡航を続ける。そんな使い方をする人はいないだろうが、6段MTでもクルーズコントロールを有用な装備にしているのは、なによりこのエンジンが扱いやすいトルク特性の持ち主だからだろう。

トヨタのMTといえば、「カローラ スポーツ」には1.2リッター4気筒ターボの6段MTモデルがある。しかしあの組み合わせは低回転でのトルクがかなり細く、勾配のきつい峠道だとしばしば1速まで落としたくなった。そういう非力を感じさせる局面がヤリスのMTにはなかった。

「ヤリス」(FF車)のサスペンションはフロント:マクファーソンストラット式、リア:トーションビーム式。高速道路の継ぎ目などを軽くいなす乗り心地のよさも、今回試乗したMTモデルの特徴だった。
「ヤリス」(FF車)のサスペンションはフロント:マクファーソンストラット式、リア:トーションビーム式。高速道路の継ぎ目などを軽くいなす乗り心地のよさも、今回試乗したMTモデルの特徴だった。
MTモデルにも「レーダークルーズコントロール」と呼ばれるACCが標準装備。操作スイッチはステアリングスポークの右側にわかりやすく配置されている。
MTモデルにも「レーダークルーズコントロール」と呼ばれるACCが標準装備。操作スイッチはステアリングスポークの右側にわかりやすく配置されている。
レバー操作だけで簡単に前回のドライビングポジションへと復帰できる「イージーリターンシート」は「Z」グレードの運転席に標準装備となる。
レバー操作だけで簡単に前回のドライビングポジションへと復帰できる「イージーリターンシート」は「Z」グレードの運転席に標準装備となる。
後席の背もたれには、60:40の分割可倒機構が備わる。「上級ファブリック」と呼ばれる写真のブラック系シート表皮が標準設定となるが、ベージュ系「クレアトープ」色も選択できる。
後席の背もたれには、60:40の分割可倒機構が備わる。「上級ファブリック」と呼ばれる写真のブラック系シート表皮が標準設定となるが、ベージュ系「クレアトープ」色も選択できる。

ライバルにはない魅力

「Z」グレードには、マニュアルレベリング機能付きの3灯式フルLEDヘッドランプおよびフルLEDリアコンビネーションランプが標準装備される。
「Z」グレードには、マニュアルレベリング機能付きの3灯式フルLEDヘッドランプおよびフルLEDリアコンビネーションランプが標準装備される。
双眼鏡をモチーフにしたという特徴的なデザインのメーター。すべての表示部に液晶パネルが用いられており、「Z」グレードではメーターリングがピアノブラック仕上げとなる。
双眼鏡をモチーフにしたという特徴的なデザインのメーター。すべての表示部に液晶パネルが用いられており、「Z」グレードではメーターリングがピアノブラック仕上げとなる。
「Z」グレード(FF車)には荷室床面の高さを2段階に調整できるアジャスタブルデッキボードが標準装備されている。荷室容量は上段ポジション(写真)で209リッター、下段ポジションで257リッター。
「Z」グレード(FF車)には荷室床面の高さを2段階に調整できるアジャスタブルデッキボードが標準装備されている。荷室容量は上段ポジション(写真)で209リッター、下段ポジションで257リッター。
「ヤリスZ」(6段MT車)のWLTCモード燃費値は、21.6km/リッター。今回の試乗では407.5km走行し、満タン法で17.7km/リッターを記録した。
「ヤリスZ」(6段MT車)のWLTCモード燃費値は、21.6km/リッター。今回の試乗では407.5km走行し、満タン法で17.7km/リッターを記録した。
昔、MTのメリットのひとつはATより燃費がいいことだった。しかし最近のクルマは3ペダルより2ペダルのAT系のほうが好燃費である。ヤリスもカタログデータではCVTのほうがわずかに勝る。しかし今回400kmあまりを走って、実測燃費は17.7km/リッター(満タン法)。以前乗ったCVT(16.3km/リッター)よりよかった。

ヤリスは見た目も乗車感覚もこれまでのヴィッツよりスポーティーである。そのかわり、後席に旧ヴィッツほどの開放感はないし、開口部の狭いテールゲートで荷室の使い勝手も見劣りがする。逆に言うとそこまでやってスポーティーに振ったのだから、MTは大いにありだと思う。

しかし、現実は厳しい。導入当初はまず高付加価値モデルが売れるというセオリーがあるものの、発売以来、MTの販売比率はわずか4%だという。100台に4台。ベストヤリスなのになあ。

ヤリスのガチンコライバルはほぼ同時期に登場した新型「ホンダ・フィット」である。1台充足型のファミリーカーとしての偏差値はフィットのほうが高いが、でも、こんどのフィットにMTはない。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎/編集=櫻井健一/撮影協力=河口湖ステラシアター)

「Z」グレードには、マニュアルレベリング機能付きの3灯式フルLEDヘッドランプおよびフルLEDリアコンビネーションランプが標準装備される。
「Z」グレードには、マニュアルレベリング機能付きの3灯式フルLEDヘッドランプおよびフルLEDリアコンビネーションランプが標準装備される。
双眼鏡をモチーフにしたという特徴的なデザインのメーター。すべての表示部に液晶パネルが用いられており、「Z」グレードではメーターリングがピアノブラック仕上げとなる。
双眼鏡をモチーフにしたという特徴的なデザインのメーター。すべての表示部に液晶パネルが用いられており、「Z」グレードではメーターリングがピアノブラック仕上げとなる。
「Z」グレード(FF車)には荷室床面の高さを2段階に調整できるアジャスタブルデッキボードが標準装備されている。荷室容量は上段ポジション(写真)で209リッター、下段ポジションで257リッター。
「Z」グレード(FF車)には荷室床面の高さを2段階に調整できるアジャスタブルデッキボードが標準装備されている。荷室容量は上段ポジション(写真)で209リッター、下段ポジションで257リッター。
「ヤリスZ」(6段MT車)のWLTCモード燃費値は、21.6km/リッター。今回の試乗では407.5km走行し、満タン法で17.7km/リッターを記録した。
「ヤリスZ」(6段MT車)のWLTCモード燃費値は、21.6km/リッター。今回の試乗では407.5km走行し、満タン法で17.7km/リッターを記録した。

[提供元:(株)webCG]Powered by webCG

あわせて読みたい「トヨタ」関連記事

  • 【試乗記】トヨタGRヤリス プロトタイプ
    【試乗記】トヨタGRヤリス プロトタイプ
  • 『クルマは最高のトモダチ』やっぱりグッときた! GRヤリス試乗!! …山田弘樹連載コラム
    『クルマは最高のトモダチ』やっぱりグッときた! GRヤリス試乗!! …山田弘樹連載コラム
  • オフロードのすすめ/今も根強い人気のクロカン四駆紹介
    オフロードのすすめ/今も根強い人気のクロカン四駆紹介
  • 『頭文字D』の“ハチロク”を細部まで徹底的に拘って忠実に再現「1/18スケール トヨタ スプリンター トレノ(AE86)」
    『頭文字D』の“ハチロク”を細部まで徹底的に拘って忠実に再現「1/18スケール トヨタ スプリンター トレノ(AE86)」

カタログ

  • トヨタ ヤリス
    トヨタ ヤリス

試乗記トップ

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス