【働くクルマ 大集合!】高所作業車 -工事現場で活躍するクルマ-

高所作業車

高い場所で作業を行う際、足場となるスペースを備えたクルマのことで、リフト車とも呼ばれます。高所作業車には、走行装置にトラックを利用したトラック式と、自走式があります。トラック式は公道を走行できるので、拠点から拠点への高速移動が可能ですが、自走式はキャリアカーが必要です。電気工事やトンネルの整備、建築・建設現場、造船、航空機のメンテナンスなど幅広く使われています。 高層住宅の引越しなどでも活躍しています。(写真協力:株式会社アイチコーポレーション)

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road