すぐ手続き!運転免許証の有効期限切れに気づいたら

運転免許証は3年か5年ごとに更新が必要。更新期限は誕生日前後1ヵ月ずつと余裕がもたせてありますが、更新に行けず有効期限が切れてしまったら、その運転免許証は失効に。もしそのまま運転したら無免許運転になってしまいます。期限切れに気づいたら、すぐに警察署や運転免許センターに連絡して対応しましょう。

うっかり忘れていた!運転免許証の更新

運転免許証は、更新時期になると更新通知が届きます。でも引っ越しや結婚などで住所が変わった場合に通知が届かず、更新時期を逃してしまうことも!実はうっかり失効してしまう人は、このケースが多いんです。それを防ぐために、転居したら早めに運転免許証に記載されている住所を変更しましょう。

引っ越しをしたのに、住所変更手続きがすんでいない方はこちら!
新生活をスムーズに! 運転免許証の変更手続きアレやコレ

運転免許証をうっかり失効してしまったとき、まずは失効したのがいつなのかを確認しましょう。失効してからどれくらい経っているかによって、再取得に必要な手順が違ってきます。更新期限は誕生日の前後1ヵ月、つまり失効も誕生日の1ヵ月後になります。誕生日に失効ではないことに要注意!

失効から6ヵ月以内
うっかり失効であっても学科試験・技能試験が免除されます。視力検査などの適性検査と特定の講習を受ければ、再取得することができます。

失効から6ヵ月〜1年以内
大型免許証、中型免許証または普通免許証を失効した人は、学科試験と技能試験はなしで、適性検査のみで仮免許証を取得することができます。仮免許証がない二輪免許証などの場合は、通常の試験を受けての再取得となります。
※仮免許証の有効期限は、交付日から6か月間。それを越えると、仮免許証も失効となり、完全にゼロからのとり直しになるので速やかに再取得を。

失効から1年以上
試験免除はなく、最初からのとり直しとなります。確実な方法はまた一から教習所に通いなおすことですが、時間もお金もかかります。運転に自信のある人は、運転免許センターで試験のみを受けることも可能。その場合は、試験対策講習を行っている教習所もありますので受講をオススメします。

気づいていたのに・・・更新できなかった理由があったら

海外渡航や出産、長期の入院など、やむを得ない理由で運転免許証を失効となった場合は、上記の“うっかり失効”とは扱いが変わります。もし理由がある場合には運転免許センターで申請しましょう。

失効から6ヵ月以内
学科試験・技能試験は免除となるだけでなく、運転免許証が継続していたと判断されます。そのため免許の色はそのまま引き継がれるので、ゴールド免許証の人は優良運転者のままです。

失効から6ヵ月〜3年以内でやむを得ない理由が終わった日から1ヵ月以内
学科試験・技能試験が免除となります。ただしその場合は一度失効したという扱いになり、継続していないと判断されるため、期限3年のブルー免許となります。

失効から3年以上
たとえやむを得ない理由でも、3年以上が経過した場合は、試験の免除はありません。あらかじめ更新期間に更新できないことが分かっている場合は、期限前更新がおすすめ。ただしその場合、有効期限が1年短くなるので要注意。

期間中に更新ができない…期限前更新の仕方はこちら!
出産、海外出張、病気etc... 助けて! 免許証の更新手続きができない!

  • 更新通知が届くのは、運転免許証に記載された住所のみ。たとえ郵便物の転送手続きをしても、更新通知は転送されないので要注意!
  • 有効期限切れで運転免許証が失効になってしまったら、なるべく早めに手続きを。失効からの年月によって、試験の免除が受けられる場合があります。

いざ!運転免許証再取得への道

運転免許証を失効してしまった場合、もう一度クルマを運転できるようにするには再取得が必要です。ケースごとに手順が異なりますので、しっかり確認しておいてください。

運転免許証の再取得に必要な書類は、失効した運転免許証、本籍が書かれた住民票の写し、申請用写真(3cm×2.4cm)、健康保険の被保険者証、更新連絡書。更新連絡書が見当たらない場合は、手続きをする際に申し出ましょう。

学科試験・技能試験免除の場合
うっかり失効で半年以内、やむを得ない理由があっての失効で半年以内、もしくは半年以上3年以内でやむを得ない理由が終わって1ヵ月以内の場合は、学科試験・技能試験免除となります。
視力検査などの適性検査と各種講習を受ければOK。

仮免許証が交付される場合
うっかり失効してから半年以上1年未満の場合は、仮免許証の交付を受けられます。
1日2時間程度の路上練習を5日以上受けた後、本免許証の学科試験と技能試験、適性検査、各種講習を受けて再取得となります。

免除が全く受けられない場合
うっかり失効の場合は1年、やむを得ない理由のある失効でも3年を超えると免除を受けることはできません。その場合は一から運転免許証を取得しなければならず、仮免許証を取得した後、本免許証の試験を受けることになります。

  • 失効から再取得するためには、住民票の写しなどが必要に。所定の持ち物の他に、70歳以上の人は高齢者講習終了証を、やむを得ず失効してしまった人は理由を証明する書類を持参しましょう。
  • 再取得のときに受ける講習も、失効の理由や失効からの経過年月などによって異なります。それぞれ時間や費用も違うので、事前に確認しておきましょう。

公認教習所と非公認教習所、あなたならどっち?

運転免許証を失効になって試験の免除が受けられない場合、再交付を受けるためには、試験のみ受ける方法と、教習所に通う方法があります。
学科の試験は本で勉強する等でカバーすることができますが、技能試験は道路交通法に基づいた安全確認を忘れていたり、それまでの運転の癖によってなかなか合格できないことも。そんな心配があるのであれば、教習所に通って確実な合格を目指しましょう。

教習所には公認教習所と非公認教習所の2種類があります。公認教習所は、一般的にイメージする自動車教習所のこと。仮免許は教習所内の試験で取れ、卒業すれば運転免許センターでの本試験の技能検定も免除されます。運転免許試験場での試験に比べて難易度が低いので、自信がない場合はこちらで取得した方がいいでしょう。

非公認教習所では運転の練習のみ行われ、仮免許も本免許も試験は運転免許センターで受けることになります。また学科は講義を行わず、自分で勉強しなければいけないことも多いようです。その分、料金が安くあがるので、なるべく節約したい場合にはこちらがおすすめです。

またどちらも通わず試験のみを受ける場合、学科の勉強や技能試験の対策はもちろん、仮免許取得後の路上練習も自分の責任で行わなければなりません。非公認教習所では路上練習も対応してもらえることが大きなポイントです。

便利で楽しくクルマを運転するために、絶対になくしたくない運転免許証。まずは更新期限をしっかり確認して、失効しないように心がけましょう。万が一、失効してしまったら、速やかに手続きを行って、なるべく早く再交付を受けることが大切です。少しでも早く、快適なドライブ生活を取り戻してくださいね。

[ガズー編集部]

合わせて読みたい!自動車免許に関わる情報

  • ブルーでも5年? 免許証の有効期間をおさらい
    ブルーでも5年? 免許証の有効期間をおさらい
  • 知ってた? 運転免許証の数字の意味
    知ってた? 運転免許証の数字の意味
  • 運転免許証の「眼鏡等」って?視力にまつわるアレコレ
    運転免許証の「眼鏡等」って?視力にまつわるアレコレ
  • 導入から早6年・・・ICカード免許証のメリットについて調べてみた
    導入から早6年・・・ICカード免許証のメリットについて調べてみた
  • すぐ手続き!運転免許証の有効期限切れに気づいたら
    すぐ手続き!運転免許証の有効期限切れに気づいたら
  • 突然のケガや病気!運転免許証はどうなる?
    突然のケガや病気!運転免許証はどうなる?
  • 国際運転免許証で海外ドライブ!正しい知識で快適なドライブ生活を!
    国際運転免許証で海外ドライブ!正しい知識で快適なドライブ生活を!
  • 出産、海外出張、病気etc... 助けて! 免許証の更新手続きができない!
    出産、海外出張、病気etc... 助けて! 免許証の更新手続きができない!
  • 免許取消?免停処分? もし違反をしてしまったら
    免許取消?免停処分? もし違反をしてしまったら
  • 明暗が分かれる合宿先選び! 自動車学校 合宿プランの選び方
    明暗が分かれる合宿先選び! 自動車学校 合宿プランの選び方
  • 新生活をスムーズに! 運転免許証の変更手続きアレやコレ
    新生活をスムーズに! 運転免許証の変更手続きアレやコレ
  • 悪用される前に手を打とう!大切な運転免許証を紛失してしまったら?
    悪用される前に手を打とう!大切な運転免許証を紛失してしまったら?