スマートキー(電子キー)の電池が切れたらどうするの?-意外と知らないクルマの取説-

必ずクルマに備え付けられているのに、ふだん手に取ることがほとんどない取扱説明書(取説)。しかし、この取説にはクルマの操作の解説以外にも、万が一のトラブルや緊急事態の対処方法などドライバーとして知っておきたい情報がたくさん載っています。今回は「スマートキー(電子キー)の電池切れ」の場合をピックアップし、その対処方法について取説の解説に従って紹介します。

スマートキー(電子キー)の電池切れで何が起きるか?

最近多くなってきたスマートキー(電子キー)とスマートエントリー&スタートシステム。このスマートキー(電子キー)の電池が切れてしまった場合、ドアロックの施錠・解錠ができなくなるほか、スタートシステムが作動せず、エンジンがかからなくなってしまいます。

今回はプリウスαを使ってスマートキー(電子キー)の電池を抜いた状態で試してみました。

実際に取説に従って試してみました

(プリウスαの取説より)

まずは、ドアの解錠から。当然ですがボタンを押してもドアは解錠できません。そこで、取説の図解に従ってスマートキー(電子キー)の側面にある小さいボタンを押してメカニカルキーを抜き出します。

(プリウスαの取説より)

そして、運転手側のドアのノブにある鍵穴にメカニカルキーを差し込み、ドアを解錠します。

続いて、スタートシステムの始動方法です。

①まずは、ブレーキペダルを踏みます。

②次にスマートキー(電子キー)のトヨタマークの付いている面でパワースイッチに触れます。すると、“ピーッ”とブザーが鳴りました。

③ブザーが鳴って、10秒以内にもう一度ブレーキペダルを踏んだ状態でパワースイッチを押します。

エンジンがかかりました!

スマートエントリー&スタートシステムには「もしもの時」をバックアップしてくれる機能がきちんと装備されているんですね。

スマートエントリー&スタートシステムが作動しなくなった時のためにも、1度コンソールボックスの中の取説に目を通してみてはいかがでしょう?

【注意】
車種によって操作方法が違う場合がありますので、必ずお持ちの車の取扱説明書をご確認ください。

【スマートキー(電子キー)の電池の消耗を防ぐには】
電池の著しい消耗を防ぐために次のような磁気を発生する電化製品の1m以内に電子キーを保管しないで下さい。

・TV
・パソコン
・携帯電話やコードレス電話機、および充電器
・電気スタンド
・電子レンジなどの電磁調理器

電子キーが正常に働かないときは

[ガズ―編集部]