トヨタ ニュース

冬の富士は熱かった…トヨタGAZOOレーシングフェスティバル[フォトレポート]

冬の富士は熱かった…トヨタGAZOOレーシングフェスティバル[フォトレポート]

TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2019(トヨタGAZOOレーシングフェスティバル2019)が12月15日、富士スピードウェイで開催された。TOYOTA GAZOO Racingとして活躍したレーシングカーが集結したほか、マツダ、スバル、日産のレーシングカーも勇姿を見せた。

【WEC】新進気鋭の山下健太、バーレーンでの公式ルーキーテストにてトヨタTS050をドライブ

【WEC】新進気鋭の山下健太、バーレーンでの公式ルーキーテストにてトヨタTS050をドライブ

現地15日、バーレーン国際サーキットで実施された世界耐久選手権(WEC)の公式ルーキーテストにおいて、日本期待の新鋭、TOYOTA GAZOO Racing WECチャレンジプログラムのドライバーである山下健太がトヨタ「TS050 HYBRID」のステアリングを握った。

【WEC 19/20第4戦】トヨタが2戦ぶり今季3回目の1-2フィニッシュを達成…バーレーン戦ウイナーは可夢偉組7号車

【WEC 19/20第4戦】トヨタが2戦ぶり今季3回目の1-2フィニッシュを達成…バーレーン戦ウイナーは可夢偉組7号車

世界耐久選手権(WEC)2019/2020シーズン第4戦「バーレーン8時間」は現地14日、決勝レースを行ない、LMP1クラスではトヨタTS050の2台が2戦ぶり今季3回目の1-2フィニッシュを飾った。優勝は小林可夢偉らの7号車で、開幕戦以来の2勝目。

テクノロジーを盛り込みながら手の届く価格にした RAV4…工藤貴宏【日本カーオブザイヤー2019-2020】

テクノロジーを盛り込みながら手の届く価格にした RAV4…工藤貴宏【日本カーオブザイヤー2019-2020】

RAV4は日本市場でしばらくお休みしていて3年半ぶりの復活ですが、新型を発売したら瞬く間に人気となったのは2019年の新車業界におけるトピックのひとつでした。しかし、その理由を考えてみるとRAV4の注目すべきポイントが見えてきます。

RAV4 がまた新たな潮流をつくるか…九島辰也【日本カーオブザイヤー2019-2020】

RAV4 がまた新たな潮流をつくるか…九島辰也【日本カーオブザイヤー2019-2020】

時代がクロスオーバー方向へ進むSUV業界において、あえてのオフローダーテイストのコンセプトには驚かされました。しかも、実際のオフロードでの実力もそれなりにありますし、一般道や高速道ではクロスオーバーに負けない快適さも合わせ持ちます。

RAV4はカッコいい! だけじゃない…今井優杏【日本カーオブザイヤー2019-2020】

RAV4はカッコいい! だけじゃない…今井優杏【日本カーオブザイヤー2019-2020】

RAV4は、カッコいい!だけじゃなく、3種類もの四輪駆動システムが用意されて、きちんとユーザーが懐具合や行きたい場所に合わせてシステムを選べる、というところがユニークですし、名前の中に入った”4”の文字が表すとおり、どれもとても質感の高い制御でした。

151~180 / 1118