コネクティッドサービスの欧州車の動向 メルセデス・ベンツとBMWークルマのトレンドワード⑦

自動で走ったり、電気で動いたり、インターネットにつながったりと、クルマを取り巻くトレンドは今、めまぐるしく変化を続けている。この連載では、なんとなく分かった気になってしまいがちな最新キーワードを整理して、現在進行形のクルマのトレンドに迫っていく。
コネクティッドサービスについて、第5~6回では国内メーカーの取り組みを紹介したが、ここからは海外メーカーを紹介しよう。今回は、特にコネクティッドサービスを全方位的に提供しているメルセデス・ベンツとBMWだ。

MBUXを搭載したメルセデス・ベンツAクラス
MBUXを搭載したメルセデス・ベンツAクラス

スマホの操作で無人のクルマを駐車できるメルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツといえば、「ハイ、メルセデス」と呼びかければ音声認識機能が起動し、音声でカーナビの目的地設定、エアコンやオーディオ、電話などを操作できる「MBUX(Mercedes Benz User Experience)」をアピールしたテレビCMが記憶に新しい。

2019年デビュー(日本仕様)のAクラスから採用しているMBUXは、毎日の行動履歴からドライバーの好みを解析し、先回りして音楽などをリコメンドしてくれるAI機能も充実。
各国の言語への適合も高精度で、普段の会話と変わらないしゃべり方で操作できる。

そんなMBUXを含めてシームレスに機能を利用できるのが、メルセデス・ベンツのコネクティッドサービス「Mercedes me connect」だ。
Mercedes me connectは、スマートフォンにインストールしたアプリから愛車の施錠を確認・開閉できる「リモートドア&アンロック」や、スマホからナビ設定を行える「センドトゥカー」といった基本機能を押さえつつ、DCM(車載通信モジュール)ではアクシデントがあったときにボタンひとつでオペレーターにつながる24時間対応の「緊急通報」「故障通報」サービスに対応。さらに有人のコンシェルジュサービスも24時間対応と、充実している。

オペレーターは24時間対応。ボタンひとつでつながる
オペレーターは24時間対応。ボタンひとつでつながる

そしてMercedes me connectの大きな特徴として挙げられるのが「リモートパーキングアシスト」。Bluetoothで車両とスマートフォンを接続し、ドライバーは車外からアプリで無人の車両を操作して、並列・縦列駐車を行なえる便利機能だ。
ドアの開閉スペースに余裕がない狭小スペースへの駐車も、この機能があれば簡単。前進・後退の直進的な動きはもちろん、切り返しが必要なシチュエーションでもスマホで駐車できる。

スマートフォンから愛車の状態を確認できるほか、車外からの操作で駐車も行なえる
スマートフォンから愛車の状態を確認できるほか、車外からの操作で駐車も行なえる

コネクティッドサービスの先駆者であるBMW

BMWは世の中に「コネクティッド」の名が一般化する前から「BMWコネクティッド・ドライブ」としてDCMを全車標準化し、日本導入した先駆けだ。
スマートフォンでは、iOS向けの「BMW Connected」をインストールすることで、カーナビの目的地設定や施錠・解錠、空調のオンオフといったコネクティッドサービスの一般的な機能を利用できる(Android端末の場合はWebアプリ経由となる)。

DCMでもオペレーターによるサポート機能や緊急時のSOSコールなどコネクティッドとしてのサービスは過不足なくそろっている。
各機能は使い勝手をよく練ったインターフェイスで、たとえば駐車位置探索機能は、クルマを停めた場所を表示するだけでなく、そこまでの最短ルートも表示してくれる。

BMWでも「リモート・コントロール・パーキング」の名称で、車外からのコントロールで駐車できる機能を提供している。
ただし、こちらはローンチ年次が2016年(日本仕様)ということもあり、BMWディスプレイ・キーを使い操作し、直線的な動きでの入出庫になる。

BMWディスプレイ・キーを使い車外から駐車ができる
BMWディスプレイ・キーを使い車外から駐車ができる

音声でさまざまな操作ができるAIアシスタントシステムは、2019年に国内導入した新型3シリーズから大きく進化した。
「BMW Intelligent Personal Assistant」と呼ばれ、ボタン操作不要で「OK、BMW」で起動し、自然な会話でコントロールができるようになった。

「OK、BMW」で起動するコネクティッドサービス
「OK、BMW」で起動するコネクティッドサービス

「BMW、私は疲れている」など、ドライバーが疲れやストレスがあるというメッセージを発すると、自動的に「ケアリングカープログラム」を起動。音楽の種類・音量やエアコン・室内照明などを最適に調整し、ドライバーをリラックスモードへと導いてくれる。
AIも進化し、ドライバーのコンディション管理まで踏み込んでいる。

第8回ではそのほかの欧米メーカーについて紹介していく。

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!「クルマのトレンドワード」の記事

  • クルマの未来がもっと楽しくなるキーワード「CASE」ってなんだ?―クルマのトレンドワード①
    クルマの未来がもっと楽しくなるキーワード「CASE」ってなんだ?―クルマのトレンドワード①
  • コネクティッドカーを支える「テレマティクス」技術。通信機能でクルマがもっと便利にークルマのトレンドワード②
    コネクティッドカーを支える「テレマティクス」技術。通信機能でクルマがもっと便利にークルマのトレンドワード②
  • スマホ1つでどこへでも! ルート検索から予約・決済まで完結する「MaaS」が便利―クルマのトレンドワード③
    スマホ1つでどこへでも! ルート検索から予約・決済まで完結する「MaaS」が便利―クルマのトレンドワード③
  • ドライバーの専属コンシェルジュ? クルマがネットにつながる「コネクティッド」の進化―クルマのトレンドワード④
    ドライバーの専属コンシェルジュ? クルマがネットにつながる「コネクティッド」の進化―クルマのトレンドワード④
  • 情報ともオペレーターともつながるトヨタの「T-Connect」―クルマのトレンドワード⑤
    情報ともオペレーターともつながるトヨタの「T-Connect」―クルマのトレンドワード⑤
  • コネクティッドサービスに早くから取り組む日産。ホンダとマツダも本格参入―クルマのトレンドワード⑥
    コネクティッドサービスに早くから取り組む日産。ホンダとマツダも本格参入―クルマのトレンドワード⑥
  • コネクティッドサービスの欧州車の動向 メルセデス・ベンツとBMWークルマのトレンドワード⑦
    コネクティッドサービスの欧州車の動向 メルセデス・ベンツとBMWークルマのトレンドワード⑦
  • 欧米のコネクティッドサービスは? 官民で対応が進む欧州、意外な出遅れのIT大国アメリカークルマのトレンドワード⑧
    欧米のコネクティッドサービスは? 官民で対応が進む欧州、意外な出遅れのIT大国アメリカークルマのトレンドワード⑧
  • カーナビやドラレコなどもコネクティッド。クルマメーカー以外が手がける“つながる機能”―クルマのトレンドワード⑨
    カーナビやドラレコなどもコネクティッド。クルマメーカー以外が手がける“つながる機能”―クルマのトレンドワード⑨
  • クルマの新しい所有の形を提案する「サブスクリプション」―クルマのトレンドワード⑩
    クルマの新しい所有の形を提案する「サブスクリプション」―クルマのトレンドワード⑩
  • 24時間365日の有人サービスが安心を生み出す「ヒューマンコネクティッド」ークルマのトレンドワード⑪
    24時間365日の有人サービスが安心を生み出す「ヒューマンコネクティッド」ークルマのトレンドワード⑪
  • 使い慣れたスマホがクルマでも使えるディスプレイオーディオ。地図アプリがそのままカーナビにークルマのトレンドワード⑫
    使い慣れたスマホがクルマでも使えるディスプレイオーディオ。地図アプリがそのままカーナビにークルマのトレンドワード⑫
  • 5Gが変えるコネクティッドサービスとモビリティの未来―クルマのトレンドワード⑬
    5Gが変えるコネクティッドサービスとモビリティの未来―クルマのトレンドワード⑬
  • トヨタが作る街「Woven City」ではあらゆるものをコネクティッドに―クルマのトレンドワード⑭
    トヨタが作る街「Woven City」ではあらゆるものをコネクティッドに―クルマのトレンドワード⑭
  • クルマが「走る蓄電池」に。電力の効率利用や安定供給に貢献するPHV/EV―クルマのトレンドワード⑮
    クルマが「走る蓄電池」に。電力の効率利用や安定供給に貢献するPHV/EV―クルマのトレンドワード⑮