【SUPER GT】GT300 新田/中山雄一組LEXUS RC F GT3がポール・トゥ・ウィン!

例年より早い時期に、300kmという距離で戦われたSUPER GT鈴鹿ラウンドで、LEXUS RC F GT3に初のポールポジションをもたらした新田守男/中山雄一組 K-tunes RC F GT3 96号車がポール・トゥ・ウィンで今季初勝利を飾りました。

予選

ポールポジションを獲得したK-tunes RC F GT3 96号車(新田守男/中山雄一)
ポールポジションを獲得したK-tunes RC F GT3 96号車(新田守男/中山雄一)
ポールポジション獲得を喜ぶ中山雄一、影山正彦監督、新田守男
ポールポジション獲得を喜ぶ中山雄一、影山正彦監督、新田守男

19日(土)は好天に恵まれましたが、鈴鹿名物の観覧車が稼働停止となるほどの強風が吹き荒れ、やや肌寒い一日となりました。午後2時35分、気温20度、路面温度36度というコンディションの下で、ノックアウト方式の予選が行われました。

Q1の残り2分ほど、各車最後のアタックに入っている最中にクラッシュが発生しセッションは赤旗中断に。この時点で、新田がアタックしていた96号車は2番手の好タイムをマークしていましたが、SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車、arto RC F GT3 35号車、2台のプリウスはまだアタックを終えていませんでした。

セッション残り6分でQ1が再開されると、吉本大樹の60号車は一発アタックでコースレコードを更新するタイムをマークし8番手でQ2進出。しかし2台のプリウスはタイムを伸ばせず、TOYOTA PRIUS apr GT 30号車が19番手、TOYOTA PRIUS apr GT 31号車が21番手。35号車は27番手でグリッド確定となりました。

Q2では、宮田莉朋が担当した60号車がまずトップタイムをマーク。それをライバル勢が更新していく中、96号車の中山雄一がこれまでのコースレコードを2秒近く短縮する、圧倒的なタイムをマーク。このタイムは誰にも上回られることなく、中山雄一にとってはキャリア2度目、RC F GT3にとっては初となるポールポジションを獲得。鈴鹿サーキットでは、GT3車両での初のポールポジション獲得となりました。宮田が健闘を見せた60号車も5番手の好位置から決勝レースに臨むこととなりました。

ポールポジションを獲得したK-tunes RC F GT3 96号車(新田守男/中山雄一)
ポールポジションを獲得したK-tunes RC F GT3 96号車(新田守男/中山雄一)
ポールポジション獲得を喜ぶ中山雄一、影山正彦監督、新田守男
ポールポジション獲得を喜ぶ中山雄一、影山正彦監督、新田守男

決勝

GT300のスタートシーン
GT300のスタートシーン
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車(吉本 大樹/宮田 莉朋)
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車(吉本 大樹/宮田 莉朋)
TOYOTA PRIUS apr GT 31号車(嵯峨 宏紀/平手 晃平)
TOYOTA PRIUS apr GT 31号車(嵯峨 宏紀/平手 晃平)

20日(日)は朝から好天。前日の強風も止み、日差しには暑さを感じるほどの気候となりました。計時システム調整のため40分程予定より遅れた午後3時20分、気温21度、路面温度34度というコンディションの下、三重県警の白バイとパトカーの先導による交通安全啓発パレードラップとフォーメーションラップを経て、52周の決勝レースがスタートしました。

ポールポジションの96号車を駆る新田がスタートから首位をキープし、後続との差を広げていきましたが、セーフティカーが導入されたため、7秒近く開いていたマージンは帳消しに。

セーフティカーが退出し再スタートが切られた後も、順調に2位との差を広げた96号車でしたが、GT300クラスは上位を争うライバル勢の数台が、中盤のピットでタイヤ無交換作戦を選択。ピット作業時間を短縮したことで、タイヤを4本交換し、中山雄一へとドライバーチェンジした96号車がコースへ戻った時には、実質上のトップとは8秒ほど離れた3位にポジションを落としていました。

しかし、その後96号車はハイペースで追い上げ。前の2台のバトルに追いつくと、ベテランドライバーの老練なブロックテクニックに後続が連なる形となり、GT300クラスの首位争いは、5台ほどのグループに膨れ上がりました。

トップ争いグループの中で唯一タイヤの新しい96号車は、そのアドバンテージを活かし、38周目のシケイン進入で首位浮上。その後は2位以下を大きく引き離し、最後は15秒以上の大差をつけてトップチェッカー。LEXUS RC F GT3に今季初勝利をポール・トゥ・ウィンでもたらしました。LEXUS RC F GT3にとっては昨年の第2戦富士、第7戦タイに続く3勝目。96号車は今季からの新しいチームであり、チームにとって、そして新田とのコンビでは初勝利となりました。また、新田はこの勝利で、GT300クラスでの最多勝タイ(19勝目)に並びました。

5番手からスタートを切った60号車は、全車がピットを終えた時点で7位を走行。後半を担当した宮田が、終盤激しいバトルを繰り広げ、5位でチェッカー。21番手と後方スタートから追い上げた31号車が9位に入り、ポイント獲得を果たしました。

GT300のスタートシーン
GT300のスタートシーン
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車(吉本 大樹/宮田 莉朋)
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車(吉本 大樹/宮田 莉朋)
TOYOTA PRIUS apr GT 31号車(嵯峨 宏紀/平手 晃平)
TOYOTA PRIUS apr GT 31号車(嵯峨 宏紀/平手 晃平)

SUPER GT 2018年 第3戦 鈴鹿 決勝結果:GT300

順位No.車名ドライバー周回ベストラップ所要時間/差タイヤウエイト
196K-tunes RC F GT3
LEXUS RC F GT3 / 2UR-GSE
新田 守男
中山 雄一
491'59.2521'48'14.458BS
225HOPPY 86 MC
TOYOTA 86 MC / GTA V8
松井 孝允
坪井 翔
492'00.75315.885YH22
361SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300 / EJ20
井口 卓人
山内 英輝
492'00.23822.555DL
488マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3 / DFJ
平峰 一貴
マルコ・マッペリ
492'01.65424.232YH14
560SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
LEXUS RC F GT3 / 2UR-GSE
吉本 大樹
宮田 莉朋
492'00.41125.049YH8
618UPGARAGE 86 MC
TOYOTA 86 MC / GTA V8
中山 友貴
小林 崇志
492'00.95425.354YH40
765LEON CVSTOS AMG
Mercedes AMG GT3 / M159
黒澤 治樹
蒲生 尚弥
492'01.03526.015BS32
80グッドスマイル 初音ミク AMG
Mercedes AMG GT3 / M159
谷口 信輝
片岡 龍也
491'59.94829.706YH18
931TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS / RV8K
嵯峨 宏紀
平手 晃平
482'01.0361 LapBS30
1010GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
星野 一樹
吉田 広樹
482'00.9011 LapYH
117D'station Porsche
PORSCHE 911 GT3 R / MA185
藤井 誠暢
スヴェン・ミューラー
482'01.1281 LapYH40
1287リーガルフロンティア ランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3 / DFJ
佐藤 公哉
元嶋 佑弥
482'01.8831 LapYH
132シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC / GTA V8
高橋 一穂
加藤 寛規
482'01.2471 LapYH
1452埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC
TOYOTA MARK X MC / GTA V8
番場 琢
脇阪 薫一
482'01.9981 LapYH
159GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R / MA185
久保 凜太郎
石川 京侍
482'02.3921 LapYH
1611GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
平中 克幸
安田 裕信
482'00.9791 LapDL34
1730TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS / RV8K
永井 宏明
佐々木 孝太
482'02.2071 LapYH
18117EIcars BENTLEY
BENTLEY CONTINENTAL GT3 / CND
井出 有治
阪口 良平
482'02.0691 LapYH
1950EXE AMG GT3
Mercedes AMG GT3 / M159
加納 政樹
安岡 秀徒
482'02.1261 LapYH2
2055ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3 / P63
高木 真一
ショーン・ウォーキンショー
482'02.6521 LapBS52
21777CARGUY ADA NSX GT3
Honda NSX GT3 / JNC1
横溝 直輝
木村 武史
482'02.8651 LapYH
2248植毛 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
田中 勝輝
リチャード・ブラッドリー
482'02.5491 LapYH
2321Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS / DAR
リチャード・ライアン
富田 竜一郎
482'00.9601 LapDL2
2435arto RC F GT3
LEXUS RC F GT3 / 2UR-GSE
ナタウッド・ジャルーンスルカワッタナ
ナタポン・ホートンカム
482'02.0051 LapYH
2522アールキューズ AMG GT3
Mercedes AMG GT3 / M159
和田 久
城内 政樹
472'04.6782 LapsYH
2634Modulo KENWOOD NSX GT3
Honda NSX GT3 / JNC1
道上 龍
大津 弘樹
472'02.1342 LapsYH6
27360RUNUP RIVAUX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
田中 篤
青木 孝行
452'01.7214 LapsYH
2826TAISAN R8 FUKUSHIMA
Audi R8 LMS / DAR
山田 真之亮
川端 伸太朗
442'00.5575 LapsYH4
5マッハ車検 MC86 Y's distraction
TOYOTA 86 MC / GTA V8
坂口 夏月
平木 湧也
132'02.11936 LapsYH

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road