第4話 BMW 3シリーズ・・・あのクルマの“初代”特集

長年にわたってつくられている、誰もが知っているあのクルマ。最近車名が復活した、名車といわれるあのクルマ。今回は、そんな有名どころの“初代モデル”を紹介します。

BMW 3シリーズ

BMWの中核車種である3シリーズ。その初代モデル(コードナンバーE21)は、コンパクトで高性能なサルーンとしてのBMWの評価を確立し、モータースポーツでも活躍した通称02シリーズの後を受けて1975年に登場した。02シリーズの雰囲気を残しつつアップデートされ、ひとまわり大きくなったボディーは、02シリーズと同様に2ドアセダンのみだった。

その中身は、世界中のメーカーに影響を与えた1961年デビューのノイエ・クラッセ(新クラス)こと、1500に始まる4気筒BMWの基本レイアウトを踏襲。前マクファーソンストラット、後ろセミトレーリングアームの4輪独立懸架を持つシャシーに、クロスフローの直4 SOHCエンジンを搭載した。当初のエンジンはキャブレター仕様の1.6リッター/1.8リッター/2リッターと、インジェクション仕様の2リッターの計4種類で、下位2種を積んだ316および318のボディーはシングルヘッドライト、上位の320と320iはデュアルヘッドライトを備えていた。

1977年にはライトシックスと呼ばれる新設計の2リッター/2.3リッター直6 SOHCエンジンを積んだ320/6と323iが、320と320iに代わって登場。その後1979年にマイナーチェンジを実施して廉価モデルの315(316のデチューン版)を追加するなどして1983年まで造られ、総生産台数は136万台以上に達した。バウアー社によるタルガトップ風のカブリオレも、少数ながら造られている。

[ガズー編集部]

あのクルマの“初代”特集

  • 第1話 トヨタ・カローラ1100・・・あのクルマの“初代”特集
    第1話 トヨタ・カローラ1100・・・あのクルマの“初代”特集
  • 第2話 プリンス・スカイライン・・・あのクルマの“初代”特集
    第2話 プリンス・スカイライン・・・あのクルマの“初代”特集
  • 第3話 ホンダ・シビック・・・あのクルマの“初代”特集
    第3話 ホンダ・シビック・・・あのクルマの“初代”特集
  • 第4話 BMW 3シリーズ・・・あのクルマの“初代”特集
    第4話 BMW 3シリーズ・・・あのクルマの“初代”特集
  • 第5話 トヨタ・スープラ(セリカXX)・・・あのクルマの“初代”特集
    第5話 トヨタ・スープラ(セリカXX)・・・あのクルマの“初代”特集

懐かしの輸入車特集

  • すれ違う人に微笑みを。70歳のオーナーと年間2万キロをともにする1967年式フォルクスワーゲン・タイプI ビートル カブリオレ
    すれ違う人に微笑みを。70歳のオーナーと年間2万キロをともにする1967年式フォルクスワーゲン・タイプI ビートル カブリオレ
  • イタリアンレストランのオーナーがこよなく愛する伊独合作車。1966年式フォルクスワーゲン・カルマンギア
    イタリアンレストランのオーナーがこよなく愛する伊独合作車。1966年式フォルクスワーゲン・カルマンギア
  • 1984年式メルセデス・ベンツ・280E(W123型)と24歳のオーナーとの“心地良い”関係
    1984年式メルセデス・ベンツ・280E(W123型)と24歳のオーナーとの“心地良い”関係
  • 初の愛車をレストア! 24歳のオーナーとともに成長する1960年式オースチン・ヒーレー・スプライトMarkⅠ
    初の愛車をレストア! 24歳のオーナーとともに成長する1960年式オースチン・ヒーレー・スプライトMarkⅠ

カタログ

  • BMW 3シリーズ
    BMW 3シリーズ

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ