スバル・レオーネ…生き物の名前が付いたクルマ特集

大自然の中を駆ける動物や、大空を舞う鳥、そして海洋生物――今回は、そうした“生き物”の名前を車名に冠した世界の名車をピックアップ。どんなクルマだったのか、週替わりで紹介します。

スバル・レオーネ

イタリア語で「雄ライオン」を意味するレオーネ(leone)。スバル初の小型車だったスバル1000/ff-1の後継モデルとして、1971年にまず2ドアクーペがデビュー。遅れて2ドア/4ドアセダン、5ドアエステートバン、2ドアハードトップが加えられた。フラット4エンジンによるFFという基本レイアウトは受け継いだものの、理想主義的な設計だったスバル1000から一転して、一般受けを狙った路線にシフト。ただし流行のロングノーズ、ショートデッキを採用したボディーには、その後長らくスバルの特徴となるサッシュレスドアが導入されていた。

1972年に近代オンロード4WDの先駆となるパートタイム4WD仕様がエステートバンに登場。続いてセダンにも4WDが加わった。1979年に世代交代した2代目には、乗用登録のツーリングワゴンや、スイングバックを名乗る3ドアハッチバックなども設定。さらにAT仕様の4WDや国産初の4WDターボを追加設定するなど4WDを前面に押し出すなどして、市場で独自のポジションを築き始めた。

1984年には3代目に進化。ひとまわり大きくなったボディーはそれまでの武骨な印象が薄れて、ツーリングワゴンを中心に人気が上昇。1989年に誕生する後継モデルの初代レガシィがブレイクする下地を固めた。レガシィ登場後も車種整理して1994年まで継続販売されたが、その後も他社からOEM供給された商用バンにレオーネの名は使われ続け、最終的にデビューから30年後の2001年まで生き延びた。

[ガズー編集部]

生き物の名前が付いたクルマ特集

  • 第1話 日産レパード
    第1話 日産レパード
  • 第2話 トヨタ・ターセル
    第2話 トヨタ・ターセル
  • 第3話 三菱コルト
    第3話 三菱コルト
  • 第4話 スバル・レオーネ
    第4話 スバル・レオーネ
  • 第5話 いすゞ・ビッグホーン
    第5話 いすゞ・ビッグホーン
  • 第6話 日産ガゼール
    第6話 日産ガゼール

レオーネに関する情報をもっと見る

  • レオーネ
    レオーネ
  • 1000
    1000

スバルの愛車紹介

  • 生産から33年。今もオリジナルコンディションを保つ愛車を息子へ託したい。スバル・レオーネ
    生産から33年。今もオリジナルコンディションを保つ愛車を息子へ託したい。スバル・レオーネ
  • 機械遺産に選ばれたてんとう虫、家族に愛されるスバル360(K111型)
    機械遺産に選ばれたてんとう虫、家族に愛されるスバル360(K111型)
  • オーナー自ら8年の歳月を掛けてレストア。一生モノの愛車、スバル レックス GSR(K21型)
    オーナー自ら8年の歳月を掛けてレストア。一生モノの愛車、スバル レックス GSR(K21型)
  • オーナー自らラッピングを施工、「ガルパン仕様」のスバル・エクシーガ(YA5型)。オーナーから知る、痛車の今とは?
    オーナー自らラッピングを施工、「ガルパン仕様」のスバル・エクシーガ(YA5型)。オーナーから知る、痛車の今とは?
  • レプリカの域を極めたラリーマシン仕様『インプレッサWRX』
    レプリカの域を極めたラリーマシン仕様『インプレッサWRX』
  • 父子の愛車はともにスバル・BRZ。24歳の息子が手に入れたのは、スバル・BRZ Yellow Edition
    父子の愛車はともにスバル・BRZ。24歳の息子が手に入れたのは、スバル・BRZ Yellow Edition
  • 運命の導きで手に入れた限定100台のスペシャルモデル。スバル・ S207 NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION
    運命の導きで手に入れた限定100台のスペシャルモデル。スバル・ S207 NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION

スバルの名車・旧車試乗記

  • スバルのヒストリックカー試乗体験記(前編)
    スバルのヒストリックカー試乗体験記(前編)
  • スバルのヒストリックカー試乗体験記(後編)
    スバルのヒストリックカー試乗体験記(後編)

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップ