トヨタ セリカA20/30 ペーパークラフト

#セリカ #トヨタ

セリカA20/30型は、1970年に日本初のスペシャリティカーとして販売された。全高1,310mm、全幅1,600mm、ホイールベース2,425mmとなっている。
1969年の東京モーターショーで人気を集めたコンセプトカー、「EX-1」を彷彿とさせるデザインで、通称「ダルマセリカ」と呼ばれている。初代セリカとして見た目のインパクトだけでなく、エンジンやトランスミッション、内装、外装、アクセサリーなどを自分好みの仕様に注文できる、“フルチョイスシステム”を採用したことでも話題となった。
同時に発売された「カリーナ」とプラットフォームは共用したが、セリカには当時の日本ではまだ珍しいDOHCエンジン(1.6L水冷直列4気筒DOHC)をGTモデルに搭載したことで、高性能エンジンを身近なものにした。

CMの曲のタイトルは「恋はセリカで」。女性の妖艶な語り口とダルマセリカのたくましい外観が印象的なCMである。
ペーパークラフトであなただけのスペシャリティカー、セリカをどうぞ。

 

トヨタ セリカA20/30のペーパークラフトダウンロード

 

トヨタ車ペーパークラフト一覧

GAZOOで準備しているペーパークラフトは、超簡易的なペーパークラフトではありません。一部制作に高度な技術が必要な車種もありますが、昨今の車種については、誰でも制作できるレベルでありながら、リアルに仕上がり、お部屋に飾ってもインテリアとなるものと自負しています。車種数は50車種以上を準備しています。今後も新車が発売になり次第追加していく予定です。

ペーパークラフト一覧はこちら

ペーパークラフトを綺麗に気持ちよく制作するこつ

紙が大事

ペーパークラフト専用の厚紙を使いましょう。コピー用紙などで作ると、紙が柔らかいので上手く作れず制作途中で挫折することになるでしょう。アマゾン、楽天などで検索すると、30枚、50枚、100枚入りなどあります、意外に安価なのでまずは少ない枚数を買って楽しむことをお勧めします。

 

道具

家にあるもので十分だと思いますが、カッターでなくハサミで全て代用すると綺麗に制作できないでしょう。綺麗に制作するために最低限、準備するものは、のり、カッター、はさみ、定規、カッターマット、ピンセット、楊枝です。のりは木工用ボンドで十分ですが乾くまで時間がかかるので、クラフト専用のりなどがあると制作が楽になります。また爪楊枝は万能で、指の届かないとこを押したり、のりをのばしたりと活躍します。

 

完成後どうする

綺麗に完成するかどうか関係なく、せっかく作ったペーパークラフトは飾るだけでなく、写真に撮ってSNSまたはGAZOOモビことにアップして皆にみてもらいましょう。自分の愛車のペーパークラフトであれば、愛車と一緒に撮影するなんて最高です。かっこいいアングル見つけて撮影してみてください。

クルマのペーパークラフト制作者裏話

GAZOOのペーパークラフトを制作してくれてるのはW2STUDIOのわたりともゆきさん。リアルでかっこいいペーパークラフトの数々を制作、発表しています。わたりともゆきさんの取材記事です。ぜひご覧ください

どうやって作っているの?クルマのペーパークラフト制作者に裏話を聞いた

[GAZOO編集部]