【トヨタ WRC】第6戦3日目、ラッピが総合5位のポジションを堅持

9号車(エサペッカ・ラッピ、ヤンネ・フェルム)
9号車(エサペッカ・ラッピ、ヤンネ・フェルム)

5月19日(土)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦ラリー・ポルトガルの競技3日目、デイ3がポルトガル北部マトジニョスを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC 9号車)が総合5位の座を堅持しました。また、前日クルマを石に当てサスペンションを破損して走行不能となったヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(7号車)は、サービスでクルマを修復して再出走。デイ2終了時点での総合62位から、31位に順位を上げました。

ドライバーコメント等、詳細はこちら

<<ラリー・ポルトガル 3日目の結果>>

1 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) 3h16m30.0s
2 エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット (フォード フィエスタ WRC) +39.8s
3 ダニ・ソルド/カルロス・デル・バリオ (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +57.2s
4 テーム・スニネン/ミッコ・マルックラ (フォード フィエスタ WRC) +1m01.9s
5 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (トヨタ ヤリス WRC) +1m13.0s
6 マッズ・オストベルグ/トシュテン・エリクソン (シトロエン C3 WRC) +3m14.1s
7 クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン (シトロエン C3 WRC) +4m53.1s
8 ポントゥス・ティディマンド/ヨナス・アンダーソン(シュコダ ファビア R5)+12m52.7s
9 ルカス・ピエニアゼック/プシェミスワフ・マズール(シュコダ ファビア R5)+14m12.1s
10 ステファン・ルフェーブル/ギャバン・モロー (シトロエン C3 R5) +15m00.4s
31 ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ (トヨタ ヤリス WRC) +48m.54.2s
R オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (トヨタ ヤリスWRC)
(現地時間5月19日21時30分時点のリザルトです。最新リザルトはwww.wrc.comをご確認下さい。)

  • 7号車(ヤリ-マティ・ラトバラ、ミーカ・アンティラ)
    7号車(ヤリ-マティ・ラトバラ、ミーカ・アンティラ)
  • 9号車(エサペッカ・ラッピ、ヤンネ・フェルム)
    9号車(エサペッカ・ラッピ、ヤンネ・フェルム)

競技4日目最終日となる5月20日(日)のデイ4は、マトジニョスのサービスパークを中心に、東側エリアで5本のSSが行われます。そのうち、SS17とその再走ステージであるSS20「ファフェ」は、ビッグジャンプでその名を知られる、大勢の観客が集まる名物ステージです。また、SS20はトップ5タイムを記録した選手に対しボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。5本のSSの合計距離は51.53km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は276.66kmとなります。

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road