【トヨタ WRC】第6戦最終日、ラッピが総合5位でフィニッシュ

9号車(エサペッカ・ラッピ、ヤンネ・フェルム)
9号車(エサペッカ・ラッピ、ヤンネ・フェルム)

5月20日(土)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦ラリー・ポルトガルの最終日となる競技4日目、デイ4がポルトガル北部マトジニョスを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC 9号車)が総合5位で、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(7号車)が総合24位でフィニッシュしました。

ドライバーコメント等、詳細はこちら

<<ラリー・ポルトガル 最終日の結果>>

1 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) 3h49m46.6s
2 エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット (フォード フィエスタ WRC) +40.0s
3 テーム・スニネン/ミッコ・マルックラ (フォード フィエスタ WRC) +47.3s
4 ダニ・ソルド/カルロス・デル・バリオ (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +1m00.9s
5 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (トヨタ ヤリス WRC) +1m04.7s
6 マッズ・オストベルグ/トシュテン・エリクソン (シトロエン C3 WRC) +3m33.5s
7 クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン (シトロエン C3 WRC) +5m23.0s
8 ポントゥス・ティディマンド/ヨナス・アンダーソン(シュコダ ファビア R5)+14m10.8s
9 ルカス・ピエニアゼック/プシェミスワフ・マズール(シュコダ ファビア R5)+16m17.3s
10 ステファン・ルフェーブル/ギャバン・モロー (シトロエン C3 R5) +16m34.3s
24 ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ (トヨタ ヤリス WRC) +48m.50.3s
R オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (トヨタ ヤリスWRC)

  • 7号車(ヤリ-マティ・ラトバラ、ミーカ・アンティラ)
    7号車(ヤリ-マティ・ラトバラ、ミーカ・アンティラ)
  • エサペッカ・ラッピ
    エサペッカ・ラッピ

WRC次戦は、6月7日から10日にかけてイタリアのサルディニア島で開催される、シリーズ第7戦「ラリー・イタリア サルディニア」です。島の北西部アルゲーロを中心とするコースはグラベル(未舗装路)で、砂状のグラベル路面や、石や岩が露出する荒れた路面などポルトガルと似た特徴を持ちます。ただしサルディニアのステージは全般的に道幅が狭く高速で、コースサイドには木が迫るためポルトガル以上に注意深いドライビングが求められます。また、気温もかなり上昇するためクルマにとっては非常にタフな1戦です。

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road