アウディ・クワトロ…WRC参戦マシンのベース車特集

ラリーの最高峰であるWRC(世界ラリー選手権)において、トヨタはこれまでセリカやカローラ、ヤリスで戦ってきました。今回は、さまざまなWRC参戦マシンの中から、ラリー史に名を残す代表車種をピックアップ。そのベースモデルを週替わりで紹介します。

アウディ・クワトロ

1980年にデビューした、ロードカーの世界に4WDを導入した画期的なモデル。アウディ80クーペのボディーに、アウディ200用の2.1リッター直5 SOHCターボエンジンと、クワトロシステムと称するセンターデフ付きのフルタイム4WD機構を搭載していた。

悪路踏破性を高めるパートタイム4WDではなく、パワーを無駄なく路面に伝えるためのフルタイム4WDシステム。それまでも一部のレーシングカーや高価な少量生産車での採用例はあったが、量産ロードカーへの導入はアウディ・クワトロが初めてだった。

WRCには1981年から参戦。第2戦スウェディッシュラリーで早くも優勝し、この年には3勝を挙げた。翌1982年にはアウディ初となるメイクスタイトル、83年にはドライバーズタイトルを獲得。ホイールベースを短縮し、より運動性能を高めたスポーツクワトロを加えた84年には、ドライバーズおよびメイクスのダブルタイトルに輝いた。以後WRCは4WD車の独壇場に。クワトロは高性能車の歴史を塗り替えたのだった。

[ガズー編集部]

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス