【懐かし自動車ダイアリー】1986年(昭和61年)~クルマで振り返るちょっと懐かしい日本

アキュラブランドから発売されたレジェンド(手前)とインテグラ
アキュラブランドから発売されたレジェンド(手前)とインテグラ

1986年(昭和61年)| 自動車 ~ ホンダがアキュラを設立し、F1ではタイトル獲得

ホンダにとっては飛躍の年となった。3月にアメリカで新販売チャンネルのアキュラを設立。高級車を扱うために、既存のホンダとは違うプレミアムブランドが必要だったのだ。日本車は性能のわりに価格が安いことを売り物にしてきたが、大衆車の販売は利益率が低い。欧米のブランドに対抗するための戦略である。最初に投入されたのはレジェンドとインテグラだった。

F1ではナイジェル・マンセルとネルソン・ピケを擁するウィリアムズ・ホンダがコンストラクターズタイトルを獲得。ホンダエンジンは1991年まで6年連続でF1を制覇し、ターボ時代のF1で最強のエンジンサプライヤーとなった。

8月にトヨタ・カムリ/ビスタがフルモデルチェンジ。注目されたのが、3S-FE型2リッターエンジンである。カムシャフトを2本持つDOHC 16バルブだが、従来のような高性能スポーツカー向けとは異なる性格だ。シザーズギアを利用したコンパクトな構造で、高効率で低燃費な実用エンジンである。ハイメカツインカムと名付けられた技術は、幅広く用いられてラインナップを拡大していく。

三菱は層流燃焼エンジンのCYCLONEを発表。燃焼室や吸気ポートの形状を改良したもので、ギャランΣ/エテルナΣやミラージュなどに搭載された。

  • ウィリアムズ・ホンダFW11
    ウィリアムズ・ホンダFW11
  • トヨタ・カムリ
    トヨタ・カムリ
  • 三菱ギャランΣ
    三菱ギャランΣ
  • 三菱エテルナΣ
    三菱エテルナΣ
  • 三菱ミラージュ
    三菱ミラージュ

1986年(昭和61年)| 世相と文化 ~ バブル景気が始まり投資と消費が活発に

バブル景気が始まったとされるのがこの年。銀行は企業への貸し付けを拡大するとともに土地と株への投機を進める。東京の都心部では地価上昇を見込んだ地上げ屋が横行し、個人投資家が増えて財テクという言葉が流行した。NTT株が1株119万7000円で一般公開されると株価は急上昇し、数カ月で300万円を超える。欧米企業の買収も活発に行われるように。

好景気を受けて消費行動もふくれあがる。プレミアムビールの「サントリー・モルツ」がヒットし、シャワー付き洗面台が売れて翌年は朝シャンブームが起こる。ファミコンソフトの『ドラゴンクエスト』は累計150万本の売り上げを記録。7月に発売された「写ルンです」はレンズ付きフィルムのパイオニアとなった。

男女雇用機会均等法が施行され、ハラスメント防止や母性保護などの取り組みが進められるように。土井たか子が憲政史上初の女性党首となり、政治の世界に新風を吹き込む。新しい時代が始まったという気分は、「新人類」という流行語にも表れていた。

国内外で事故や事件が相次ぐ。4月にアイドル歌手の岡田有希子がビルの屋上から飛び降り、後追い自殺が続発。12月にはビートたけしが『FRIDAY』編集部を襲撃する。アメリカでは1月に打ち上げられたスペースシャトルのチャレンジャー号が爆発。4月にソ連のチェルノブイリ原子力発電所がメルトダウンを起こし、多数の死者を出すとともに広範囲を放射性降下物で汚染した。

プレイバック1986年(昭和61年)

★アカデミー賞
『プラトーン』
★日本アカデミー賞
『火宅の人』
★NHK朝ドラ/大河ドラマ
『はね駒』『都の風』/『いのち』
★日本レコード大賞
『DESIRE-情熱-』中森明菜
★日本ダービー馬
ダイナガリバー
★日本カー・オブ・ザ・イヤー
日産パルサー/エクサ/ラングレー/リベルタビラ
★新語・流行語大賞
「究極」「新人類」
  • 日産パルサー
    日産パルサー
  • 日産エクサ
    日産エクサ
  • 日産ラングレー
    日産ラングレー
  • 日産リベルタビラ
    日産リベルタビラ

[ガズー編集部]

あわせて読みたい「あの頃の愛車」

  • サンルーフと前期型にこだわって手に入れた奇跡のトヨタ・セリカXX(A60型)
    サンルーフと前期型にこだわって手に入れた奇跡のトヨタ・セリカXX(A60型)
  • 【2018トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑】5年間待ち続けてようやく巡り合った憧れの2ドアハードトップ、スバル・レオーネ RX
    【2018トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑】5年間待ち続けてようやく巡り合った憧れの2ドアハードトップ、スバル・レオーネ RX
  • 「ラストオーナー」を志し、トヨタ・MR2(AW11型) に深い愛情を注ぐ23歳のオーナー
    「ラストオーナー」を志し、トヨタ・MR2(AW11型) に深い愛情を注ぐ23歳のオーナー
  • 【86 Style with BRZ 愛車紹介 vol.9】ワンオーナーのAE86ラリー仕様に乗るオーナー
    【86 Style with BRZ 愛車紹介 vol.9】ワンオーナーのAE86ラリー仕様に乗るオーナー
  • 20代女性の愛車は、父親が乗っていたクルマと同じ1985年式トヨタ・スプリンタートレノ GTV(AE86型)
    20代女性の愛車は、父親が乗っていたクルマと同じ1985年式トヨタ・スプリンタートレノ GTV(AE86型)
  • 【愛車紹介】フェンダーミラーが個性的なコロナ2.0GT
    【愛車紹介】フェンダーミラーが個性的なコロナ2.0GT
  • ミニカーのモデルにもなったフルオリジナルのトヨタ・マークⅡ(GX71)
    ミニカーのモデルにもなったフルオリジナルのトヨタ・マークⅡ(GX71)
  • 幼少期をともに過ごしたクルマともう1度。日産・ローレル 2000メダリストエミネンス(C32型)
    幼少期をともに過ごしたクルマともう1度。日産・ローレル 2000メダリストエミネンス(C32型)

懐かし自動車ダイアリー

  • 1980年(昭和55年)
    1980年(昭和55年)
  • 1981年(昭和56年)
    1981年(昭和56年)
  • 1982年(昭和57年)
    1982年(昭和57年)
  • 1983年(昭和58年)
    1983年(昭和58年)
  • 1984年(昭和59年)
    1984年(昭和59年)
  • 1985年(昭和60年)
    1985年(昭和60年)
  • 1986年(昭和61年)
    1986年(昭和61年)
  • 1987年(昭和62年)
    1987年(昭和62年)
  • 1988年(昭和63年)
    1988年(昭和63年)
  • 1989年(昭和64年・平成元年)
    1989年(昭和64年・平成元年)

あの時代を振り返る(1980年代)

  • 80年代の名車・旧車、クルマの歴史、出来事
    80年代の名車・旧車、クルマの歴史、出来事

MORIZO on the Road