【連載全12話】第4話 ジェンセンGT…スタイリッシュな3ドアのシューティングブレーク/スポーツワゴン

流麗なスタイルでありながら、趣味を楽しむための実用性も兼ね備えるシューティングブレークとスポーツワゴン。今回は、なかでも個性派として知られる3ドアモデルをピックアップし、週替わりで紹介します。

ジェンセンGT

通称“カニ目”ことオースチン・ヒーレー・スプライトや“ビッグ・ヒーレー”ことオースチン・ヒーレー100などを1950年代に設計した、ドナルドとジェフリーのヒーレー父子。大型高級GTのインターセプターをつくっていた英国の小規模メーカーであるジェンセンを買収した米国人オーナーが、ヒーレー父子を重役に迎えて開発させたモデルがジェンセン・ヒーレー。ビッグ・ヒーレーの現代版たるオープン2座スポーツカーだった。

そのジェンセン・ヒーレーに、サッシ付きのガラス製テールゲートを備えたワゴン風ルーフをかぶせた2+2のGTが、1975年に登場したジェンセンGTである。機構的にはオープン2座モデルと同じで、エンジンは、ロータスがボクスホールユニットをベースに開発したコグドベルト駆動の2リッター直4 DOHC 16バルブ(最高出力142PS)。ゲトラグ製5段MTを介しての最高速度は190km/h以上に達した。

インテリアは豪華な意匠で、リアシートを畳めば広いラゲッジスペースが出現し、スポーツワゴンと呼ぶにふさわしい成り立ちだった。だが発売直後にジェンセンが経営危機に陥り、翌1976年に倒産してしまったため、生産台数は500台強にとどまった。

[ガズー編集部]

【連載全12話】シューティングブレーク/スポーツワゴン特集

  • 第1話 アストンマーティンDB5シューティングブレーク
    第1話 アストンマーティンDB5シューティングブレーク
  • 第2話 リライアント・シミターGTE
    第2話 リライアント・シミターGTE
  • 第3話 ボルボ1800ES
    第3話 ボルボ1800ES
  • 第4話 ジェンセンGT
    第4話 ジェンセンGT
  • 第5話 ランチア・ベータHPE
    第5話 ランチア・ベータHPE
  • 第6話 トヨタ・スプリンター リフトバック
    第6話 トヨタ・スプリンター リフトバック
  • 第7話 ロータス・エリート
    第7話 ロータス・エリート
  • 第8話 ホンダ・アコード エアロデッキ
    第8話 ホンダ・アコード エアロデッキ
  • 第9話 ボルボ480ES
    第9話 ボルボ480ES

あわせて読みたい「イギリス車」の記事

  • 【動画】ロールス・ロイス・カリナン 試乗インプレッション 車両紹介編
    【動画】ロールス・ロイス・カリナン 試乗インプレッション 車両紹介編
  • 【動画】ロールス・ロイス・カリナン 試乗インプレッション 試乗編
    【動画】ロールス・ロイス・カリナン 試乗インプレッション 試乗編
  • “衣食住”ではなく“衣食車”といいきる20代の若者の到達点、1999年式ロータス・エリーゼ スポーツ190(111型)
    “衣食住”ではなく“衣食車”といいきる20代の若者の到達点、1999年式ロータス・エリーゼ スポーツ190(111型)
  • レースでの勝利のために生産された希少なレーシングカー ~ミニカー「1/18スケール ジャガー ライトウェイト Eタイプ」
    レースでの勝利のために生産された希少なレーシングカー ~ミニカー「1/18スケール ジャガー ライトウェイト Eタイプ」

カタログ

  • ジェンセン ヒーレー
    ジェンセン ヒーレー

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ

MORIZO on the Road