【連載全12話】第2話 リライアント・シミターGTE…スタイリッシュな3ドアのシューティングブレーク/スポーツワゴン

流麗なスタイルでありながら、趣味を楽しむための実用性も兼ね備えるシューティングブレークとスポーツワゴン。今回は、なかでも個性派として知られる3ドアモデルをピックアップし、週替わりで紹介します。

リライアント・シミターGTE

英国のコメディー番組『Mr.ビーン』にしばしば登場し、ビーンの乗るMiniにいじめられる役回りの珍妙な三輪車。戦前からあの種の小型三輪車をつくっていた英国の小メーカーであるリライアントが、1964年に2作目の四輪車として送り出したモデルがシミターGT。ラダーフレームにFRP製の2+2クーペボディーを載せ、英国フォード製のパワートレインを積んでいた。

そのシミターGTのルーフを手直しし、ガラスハッチを持つワゴンにコンバートしたモデルが1968年に登場したGTE(Eはestateの意味)。全長4340mm×全幅1640mm×全高1320mmというサイズのボディーの中身はGTと同じで、パワートレインはフォード製2.5リッターまたは3リッターのV6 OHVエンジン+4段MT(後に3段ATも追加)だった。

1975年には室内が狭いという声に応え、ホイールベースおよび全長を約100mm、全幅を70mm拡大する大がかりな変更を受ける。1986年に生産終了となるが、製造権を買い取った会社によって1988年から1990年までに少数がつくられた。生産台数は約1万3000台だが、オーナーのリストに英国王室のアン王女の名もあったことが、シミターGTEのパブリシティーに大いに役立った。

前回紹介したアストンマーティンDB5シューティングブレークは、スポーツカーの性能と魅力的なスタイリング、そしてワゴンの実用性を併せ持った“スポーツワゴン”という新たなカテゴリーを提唱したモデルだった。だが、それがあまりに高価で特殊な存在だったのに対し、シミターGTEはそれを最初に実用化し、広めたモデルといえる。

[ガズー編集部]

【連載全12話】シューティングブレーク/スポーツワゴン特集

  • 第1話 アストンマーティンDB5シューティングブレーク
    第1話 アストンマーティンDB5シューティングブレーク
  • 第2話 リライアント・シミターGTE
    第2話 リライアント・シミターGTE
  • 第3話 ボルボ1800ES
    第3話 ボルボ1800ES
  • 第4話 ジェンセンGT
    第4話 ジェンセンGT
  • 第5話 ランチア・ベータHPE
    第5話 ランチア・ベータHPE
  • 第6話 トヨタ・スプリンター リフトバック
    第6話 トヨタ・スプリンター リフトバック
  • 第7話 ロータス・エリート
    第7話 ロータス・エリート
  • 第8話 ホンダ・アコード エアロデッキ
    第8話 ホンダ・アコード エアロデッキ
  • 第9話 ボルボ480ES
    第9話 ボルボ480ES
  • 第10話 BMW Z3クーペ
    第10話 BMW Z3クーペ
  • 第11話 フェラーリ・フォー
    第11話 フェラーリ・フォー
  • 第12話 アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク
    第12話 アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク

あわせて読みたい「イギリス車」の記事

  • 【動画】ロールス・ロイス・カリナン 試乗インプレッション 試乗編
    【動画】ロールス・ロイス・カリナン 試乗インプレッション 試乗編
  • 【動画】ロールス・ロイス・カリナン 試乗インプレッション 車両紹介編
    【動画】ロールス・ロイス・カリナン 試乗インプレッション 車両紹介編
  • 第12話 ジャガーXJ…軽くて丈夫! アルミボディーのクルマ特集
    第12話 ジャガーXJ…軽くて丈夫! アルミボディーのクルマ特集
  • 冒険者が選んだ相棒、ランドローバー・ディフェンダー
    冒険者が選んだ相棒、ランドローバー・ディフェンダー

カタログ

  • リライアント シミター
    リライアント シミター

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ

MORIZO on the Road