【懐かし自動車ダイアリー】1994年(平成6年)~クルマで振り返るちょっと懐かしい日本

ホンダ・オデッセイ
ホンダ・オデッセイ

1994年(平成6年)| 自動車 ~ ホンダ・オデッセイ、トヨタRAV4がデビュー

5月のサンマリノGPでアイルトン・セナが事故死。F1人気を支えたドライバーの死はレースファンに衝撃を与え、安全性があらためて問題となる。ホンダは1992年にF1参戦を終了していた。乗用車販売が低迷し、モータースポーツに回す資金が乏しくなったからだとされる。

起死回生のモデルが、10月にデビューしたオデッセイだった。アコードのコンポーネンツを流用して造られたミニバンである。市場の売れ筋はセダンやスペシャリティーカーからSUVやミニバンへと移行しており、ホンダもようやくラインナップに加えることができた。商用車をベースにしたワンボックスカーに比べて乗り心地や操縦性能がはるかに優れており、乗用車感覚を求めるユーザーから支持される。ホンダはこの成功から「クリエイティブ・ムーバー戦略」を展開し、CR-Vやステップワゴン、S-MXなどを次々に発売する。

トヨタはライトクロカンのRAV4を発売。フルタイム4WDシステムを搭載するがラダーフレームを持たないモノコック構造で、オンロードでもオフロードでも高い走行性能を持つことを目指したコンパクトなクロスオーバーSUVである。ポップなスタイルを持ち、四駆ファン以外にも支持された。

富山県での自動車販売を手がけていた光岡は1979年に自動車開発部門を発足し、50ccエンジンのBUBUシャトルなどを販売していた。1月に発売したゼロワンは、ユーノス・ロードスターをベースにロータス・スーパーセブン風のボディーに仕立て上げたモデルだ。1996年に運輸省から型式認定を受け、光岡自動車は日本で10番目の乗用車メーカーとなった。

  • トヨタRAV4
    トヨタRAV4
  • ミツオカ・ゼロワン
    ミツオカ・ゼロワン

1994年(平成6年)| 世相と文化 ~ 平成の米騒動が起きる中、自社さ政権が成立

3月に政治改革法案が成立するも、政治不信は終わらなかった。佐川急便グループからの借入金問題で4月に細川護煕内閣が退陣すると、代わった羽田 孜内閣はわずか2カ月で瓦解。社会党委員長の村山富市を首班とする自民党・社会党・新党さきがけ(自社さ)連立内閣が発足した。

主食の多様化で米の消費量は減少していたが、前年の冷害による不作で米不足が深刻化。価格が高騰して買い占めや売り惜しみが横行し、店頭から米が消えた。タイなどから外国産米を緊急輸入するが、ジャポニカ米に親しんできた日本人にとって口に合わないインディカ米は売れ残る事態に。自国農家保護のために米の輸入を禁止してきた日本は世界から批判され、段階的に制限を緩めざるを得なくなる。

大江健三郎がノーベル文学賞を受賞。川端康成以来で、26年ぶりの快挙となった。授賞式では川端の「美しい日本の私」を念頭に置き、「あいまいな日本の私」と題した講演を行った。大きな話題になったものの純文学の大江作品は大衆的な人気を得ることはなく、この年のベストセラーは永 六輔『大往生』や松本人志『遺書』などだった。

子役だった安達祐実が主演したドラマ『家なき子』が37.2%でこの年の最高視聴率を獲得。「同情するならカネをくれ」が流行語となった。「すったもんだがありました」は宮沢りえが出演した缶チューハイのテレビCMで使われたもので、1992年に貴花田と婚約を発表して2カ月で解消したことを踏まえている。

プレイバック1994年(平成6年)

★アカデミー賞
『フォレスト・ガンプ/一期一会』
★日本アカデミー賞
『忠臣蔵外伝 四谷怪談』
★NHK朝ドラ/大河ドラマ
『ぴあの』『春よ、来い』/『花の乱』
★日本レコード大賞
『innocent world』Mr.Children
★日本ダービー馬
ナリタブライアン
★日本カー・オブ・ザ・イヤー
三菱FTO
★新語・流行語大賞
「すったもんだがありました」「イチロー」「同情するならカネをくれ」
  • 三菱FTO
    三菱FTO

[ガズー編集部]

あわせて読みたい「あの頃の愛車」

  • 【ノスタルジック2デイズ特集】イベントプロデューサーが愛するロータリー20周年記念のRX-7オープンモデル
    【ノスタルジック2デイズ特集】イベントプロデューサーが愛するロータリー20周年記念のRX-7オープンモデル
  • 新車から28年、オーナーと一心同体の存在。日産・R32スカイラインGT-R(BNR32型)
    新車から28年、オーナーと一心同体の存在。日産・R32スカイラインGT-R(BNR32型)
  • 【GAZOO愛車広場 出張撮影会】憧れのスバルSTiハンドメイドエンジンを積んだ、受注生産モデルのインプレッサWRX
    【GAZOO愛車広場 出張撮影会】憧れのスバルSTiハンドメイドエンジンを積んだ、受注生産モデルのインプレッサWRX
  • 7年越しの福来たる。世界に誇る軽自動車規格のミッドシップ、ホンダ・ビート
    7年越しの福来たる。世界に誇る軽自動車規格のミッドシップ、ホンダ・ビート
  • 憧れのクルマ、ホンダ・NSX(NA1型)が家族の一員となって教えてくれたこと
    憧れのクルマ、ホンダ・NSX(NA1型)が家族の一員となって教えてくれたこと
  • 【クルマ好き学生の愛車紹介】唯一無二の存在感!90年代風カスタムのトヨタ・セラ
    【クルマ好き学生の愛車紹介】唯一無二の存在感!90年代風カスタムのトヨタ・セラ
  • 車齢約30年のロードスターをGTスタイルにカスタム!!
    車齢約30年のロードスターをGTスタイルにカスタム!!
  • 初恋相手の父親の元愛車!運命的に嫁いできた1990年式シトロエン・2CV Specialとのカーライフ
    初恋相手の父親の元愛車!運命的に嫁いできた1990年式シトロエン・2CV Specialとのカーライフ

懐かし自動車ダイアリー

  • 1990年(平成2年)
    1990年(平成2年)
  • 1991年(平成3年)
    1991年(平成3年)
  • 1992年(平成4年)
    1992年(平成4年)
  • 1993年(平成5年)
    1993年(平成5年)
  • 1994年(平成6年)
    1994年(平成6年)
  • 1995年(平成7年)
    1995年(平成7年)
  • 1996年(平成8年)
    1996年(平成8年)
  • 1997年(平成9年)
    1997年(平成9年)
  • 1998年(平成10年)
    1998年(平成10年)
  • 1999年(平成11年)
    1999年(平成11年)

あの時代を振り返る(1990年代)

  • 90年代の名車・旧車、クルマの歴史、出来事
    90年代の名車・旧車、クルマの歴史、出来事

MORIZO on the Road