スバル・R-2・・・圧倒的な存在感!グリルが立派なクルマ特集

クルマの個性は顔に出る! 今回はフロントまわりに印象的な形のグリルを据えた、国内外の個性派モデルをピックアップ。週替わりで紹介します。

スバル・R-2

1958年に誕生し、軽乗用車というカテゴリーを確立した傑作であるスバル360の後継モデルとして1969年にデビュー。R-2という名称はリアエンジンの2代目を意味し、空冷2ストローク2気筒エンジンによるRR(リアエンジンの後輪駆動)をはじめ、基本レイアウトはスバル360から受け継いでいた。

フィアット600にも似た丸みを帯びたスタイリングはかわいらしい印象を与えるものだったが、高性能化・高級化という当時の軽市場の流れに乗って、1971年のマイナーチェンジでダミーのフロントグリルを装着。次いで加えられた、これもトレンドだったエンジンの水冷化を果たしたLシリーズは、フロントにラジエーターが装着されたことからダミーではないグリルを備えていた。

盾をあしらったグリルのデザインは、当時のアルファ・ロメオやランチア風。軽には不釣り合いなほど立派な意匠で、R-2本来のシンプルな魅力をスポイルしてしまったという印象も否めなかった。こうした傾向はR-2以外のモデルにも見られ、同時代のスズキ・フロンテやダイハツ・フェローMAXなどのマスクも装飾過多気味ではあった。だがR-2の場合はオリジナルデザインがプレーンだっただけに、より違和感が強くなってしまったといえる。

[ガズー編集部]

グリルが立派なクルマ特集

  • 第1話 トヨペット・コロナ マークII
    第1話 トヨペット・コロナ マークII
  • 第2話 ダットサン・ブルーバードU 2000GT
    第2話 ダットサン・ブルーバードU 2000GT
  • 第3話 ダッジ・チャージャー
    第3話 ダッジ・チャージャー
  • 第4話 マツダ・ルーチェ レガート
    第4話 マツダ・ルーチェ レガート
  • 第5話 ホンダ・1300クーペ
    第5話 ホンダ・1300クーペ
  • 第6話 ロールス・ロイス・ファントムVI
    第6話 ロールス・ロイス・ファントムVI
  • 第7話 トヨタ・スプリンター
    第7話 トヨタ・スプリンター
  • 第8話 リンカーン・コンチネンタル
    第8話 リンカーン・コンチネンタル
  • 第9話 日産 プレジデント
    第9話 日産 プレジデント
  • 第10話 メルセデス・ベンツ600
    第10話 メルセデス・ベンツ600
  • 第11話 スバル・R-2
    第11話 スバル・R-2
  • 第12話 フォード・サンダーバード
    第12話 フォード・サンダーバード
  • 第13話 いすゞ・フローリアン
    第13話 いすゞ・フローリアン

あわせて読みたいスバルの関連記事

  • 7年越しで構造変更へ。1971年式スバル・R2 GL改(K12A型)とともに手に入れた理想のカーライフ
    7年越しで構造変更へ。1971年式スバル・R2 GL改(K12A型)とともに手に入れた理想のカーライフ
  • 廃車の運命にあったかもしれないクルマを自身の愛車に。2004年式スバル・R1 R
    廃車の運命にあったかもしれないクルマを自身の愛車に。2004年式スバル・R1 R
  • オーナー自ら8年の歳月を掛けてレストア。一生モノの愛車、スバル レックス GSR(K21型)
    オーナー自ら8年の歳月を掛けてレストア。一生モノの愛車、スバル レックス GSR(K21型)

カタログ

  • スバル R2
    スバル R2

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ