リンカーン・コンチネンタルMk IV・・・圧倒的な存在感!グリルが立派なクルマ特集

クルマの個性は顔に出る! 今回はフロントまわりに印象的な形のグリルを据えた、国内外の個性派モデルをピックアップ。週替わりで紹介します。

リンカーン・コンチネンタルMk IV

フォードの最上級ブランドであるリンカーン。戦前の1939年に誕生した初代コンチネンタルは、2ドアクーペまたはコンバーチブルボディーを持つ最高級パーソナルカーだった。それから数えて4代目となるコンチネンタルMk IVは、1972年にデビューした。

全長5.6m弱、全幅2m強の2ドアハードトップボディーは、7代目フォード・サンダーバードと共通だが、内外装ははるかに高級化されていた。その象徴となるのが、コンシールド(格納式)ヘッドライトに挟まれたラジエーターグリル。ロールス・ロイスのパルテノングリルと見まごうばかりのデザインだった。

エンジンは460立方インチ(7.5リッター)のV8だが、排ガス対策および出力の測定方法がSAEグロスから同ネットに変わったこともあって、最高出力は先代となるMk IIIの370psから215psに低下。それでも47.3kgmというトルクで、車重約2.4tの巨体をマキシマム190km/hまで引っ張った。8640ドルという価格はライバルであるキャデラック・エルドラドより1000ドル以上高く、リムジンなどを除けば当時のアメリカ車で最も高価だったが、セールスはエルドラドを上回った。

[ガズー編集部]

グリルが立派なクルマ特集

  • 第1話 トヨペット・コロナ マークII
    第1話 トヨペット・コロナ マークII
  • 第2話 ダットサン・ブルーバードU 2000GT
    第2話 ダットサン・ブルーバードU 2000GT
  • 第3話 ダッジ・チャージャー
    第3話 ダッジ・チャージャー
  • 第4話 マツダ・ルーチェ レガート
    第4話 マツダ・ルーチェ レガート
  • 第5話 ホンダ・1300クーペ
    第5話 ホンダ・1300クーペ
  • 第6話 ロールス・ロイス・ファントムVI
    第6話 ロールス・ロイス・ファントムVI
  • 第7話 トヨタ・スプリンター
    第7話 トヨタ・スプリンター
  • 第8話 リンカーン・コンチネンタル
    第8話 リンカーン・コンチネンタル
  • 第9話 日産 プレジデント
    第9話 日産 プレジデント
  • 第10話 メルセデス・ベンツ600
    第10話 メルセデス・ベンツ600
  • 第11話 スバル・R-2
    第11話 スバル・R-2
  • 第12話 フォード・サンダーバード
    第12話 フォード・サンダーバード
  • 第13話 いすゞ・フローリアン
    第13話 いすゞ・フローリアン
  • 第14話 日産 グロリア
    第14話 日産 グロリア

あわせて読みたいリンカーンの関連記事

  • リンカーン・コンチネンタル…なつかしのアメリカ車特集
    リンカーン・コンチネンタル…なつかしのアメリカ車特集
  • 自動車メーカーの国別まとめ~アメリカ編~
    自動車メーカーの国別まとめ~アメリカ編~
  • <自動車人物伝>ヘンリー・フォード(1896年)
    <自動車人物伝>ヘンリー・フォード(1896年)
  • 【技術革新の足跡】運転を民主化せよ――セルフスターターという大発明(1912年)
    【技術革新の足跡】運転を民主化せよ――セルフスターターという大発明(1912年)

カタログ

  • リンカーン コンティネンタル・マークIV
    リンカーン コンティネンタル・マークIV

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ

MORIZO on the Road