ホンダ・1300クーペ・・・圧倒的な存在感!グリルが立派なクルマ特集

クルマの個性は顔に出る! 今回はフロントまわりに印象的な形のグリルを据えた、国内外の個性派モデルをピックアップ。週替わりで紹介します。

ホンダ・1300クーペ

1967年に発売したN360で軽乗用車市場を掌握したホンダが、本格的な四輪メーカーとなるべく1969年にリリースした量産小型乗用車がホンダ1300。熱烈な空冷エンジン信奉者だった本田宗一郎の主導による、DDAC(二重空冷)と呼ばれる特殊な空冷エンジンを搭載した4ドアセダンだった。

翌1970年にノッチバックの2ドアクーペを追加設定。2分割式のグリルにデュアルヘッドライトを持つマスクは1960年前後のポンティアック風だったが、日本車離れした雰囲気ではあった。前輪を駆動するDDACエンジンは初期のホンダ車に共通する高回転・高出力型で、1300クーペ7と名乗るシングルキャブ仕様は最高出力95ps、1300クーペ9と名乗る4キャブ仕様は同110ps(いずれもグロス値)という、当時の1.3リッター級としては驚異的なパワーを誇った。

1971年のマイナーチェンジの際に、車名から1300が外れて単にホンダ・クーペに改称。従来のクーペ7/クーペ9に相当するモデルはダイナミックシリーズ(写真)となり、マイナーチェンジ後のセダンとほぼ同じシングルヘッドライトのおとなしいマスクを持つゴールデンシリーズが、新たに加えられた。

[ガズー編集部]

グリルが立派なクルマ特集

  • 第1話 トヨペット・コロナ マークII
    第1話 トヨペット・コロナ マークII
  • 第2話 ダットサン・ブルーバードU 2000GT
    第2話 ダットサン・ブルーバードU 2000GT
  • 第3話 ダッジ・チャージャー
    第3話 ダッジ・チャージャー
  • 第4話 マツダ・ルーチェ レガート
    第4話 マツダ・ルーチェ レガート
  • 第5話 ホンダ・1300クーペ
    第5話 ホンダ・1300クーペ
  • 第6話 ロールス・ロイス・ファントムVI
    第6話 ロールス・ロイス・ファントムVI
  • 第7話 トヨタ・スプリンター
    第7話 トヨタ・スプリンター
  • 第8話 リンカーン・コンチネンタル
    第8話 リンカーン・コンチネンタル
  • 第9話 日産 プレジデント
    第9話 日産 プレジデント
  • 第10話 メルセデス・ベンツ600
    第10話 メルセデス・ベンツ600
  • 第11話 スバル・R-2
    第11話 スバル・R-2
  • 第12話 フォード・サンダーバード
    第12話 フォード・サンダーバード
  • 第13話 いすゞ・フローリアン
    第13話 いすゞ・フローリアン
  • 第14話 日産 グロリア
    第14話 日産 グロリア

カタログ

  • ホンダ 1300
    ホンダ 1300

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ

MORIZO on the Road