ロールス・ロイス・ファントムVI・・・圧倒的な存在感!グリルが立派なクルマ特集

クルマの個性は顔に出る! 今回はフロントまわりに印象的な形のグリルを据えた、国内外の個性派モデルをピックアップ。週替わりで紹介します。

ロールス・ロイス・ファントムVI

昭和天皇の御料車にも使われたファントムVの改良型として1968年に登場。1991年まで作られた別体式フレームを持つ最後のロールス・ロイス。特注ボディーを持つモデルも少なくないが、標準仕様はコーチビルターのミュリナー・パークウォードの手になる7座リムジンだった。

基本設計は1955年から1964年まで作られたサルーンであるシルバークラウドに準じており、強固なラダーフレームに全長6m超、全幅1.9m超、全高1.7m超の堂々たるボディーを架装。スピリット・オブ・エクスタシー(あるいはフライングレディー)と呼ばれるマスコットを備えた伝統のパルテノングリルは、明らかに縦に長い縦横比で、これもロールス・ロイスとしては最後の特徴となった。

パワートレインは同時代のロールス・ロイス・シルバーシャドウIと共通で、6.2リッターV8エンジンと自社製4段ATの組み合わせ。1978年にシルバーシャドウIIと同じ6.75リッター+ゼネラルモーターズ製3段ATに換装された。その生産終了により、1925年誕生のファントムⅠに始まり、第2次世界大戦による約10年の中断を挟んで半世紀以上続いたファントムの名はいったん消滅したが、2003年に最高級モデルの名称として復活した。

[ガズー編集部]

グリルが立派なクルマ特集

  • 第1話 トヨペット・コロナ マークII
    第1話 トヨペット・コロナ マークII
  • 第2話 ダットサン・ブルーバードU 2000GT
    第2話 ダットサン・ブルーバードU 2000GT
  • 第3話 ダッジ・チャージャー
    第3話 ダッジ・チャージャー
  • 第4話 マツダ・ルーチェ レガート
    第4話 マツダ・ルーチェ レガート
  • 第5話 ホンダ・1300クーペ
    第5話 ホンダ・1300クーペ
  • 第6話 ロールス・ロイス・ファントムVI
    第6話 ロールス・ロイス・ファントムVI
  • 第7話 トヨタ・スプリンター
    第7話 トヨタ・スプリンター
  • 第8話 リンカーン・コンチネンタル
    第8話 リンカーン・コンチネンタル
  • 第9話 日産 プレジデント
    第9話 日産 プレジデント
  • 第10話 メルセデス・ベンツ600
    第10話 メルセデス・ベンツ600
  • 第11話 スバル・R-2
    第11話 スバル・R-2
  • 第12話 フォード・サンダーバード
    第12話 フォード・サンダーバード
  • 第13話 いすゞ・フローリアン
    第13話 いすゞ・フローリアン
  • 第14話 日産 グロリア
    第14話 日産 グロリア

あわせて読みたい高級車の関連記事

  • 最高級のSUV ロールスロイス「カリナン」は、やはり最高級の乗用車だった
    最高級のSUV ロールスロイス「カリナン」は、やはり最高級の乗用車だった
  • かつて高級車の象徴だった「ボンネットマスコット」を採用する車種が減ったワケとは?
    かつて高級車の象徴だった「ボンネットマスコット」を採用する車種が減ったワケとは?
  • 【ベントレー ベンテイガV8 試乗】国産車も見習うべき、意外と正当派なパッケージング…諸星陽一
    【ベントレー ベンテイガV8 試乗】国産車も見習うべき、意外と正当派なパッケージング…諸星陽一

カタログ

  • ロールスロイス ファントム
    ロールスロイス ファントム

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ

MORIZO on the Road