【連載全18話】第2話 シンガー・ガゼル & 日産ガゼール…なぜか車名がかぶってる!“同名異車”のクルマ特集

世界でこれまで販売されてきたクルマを見ると、同じ名前のモデルがちらほら……。今回の特集では、そんな「メーカー・ブランドは違えど名前が同じクルマ」をピックアップ。週替わりで紹介します。

シンガー・ガゼル & 日産ガゼール

ガゼル(gazelle)とは、アフリカや西アジアに生息する、カモシカに近いウシ科の動物。それを先に名乗ったのは、1956年に誕生したシンガー・ガゼルだ。シンガーはかつて英国に存在したルーツグループのブランドで、ルーツはシンガーのほかにヒルマン、サンビーム、ハンバーというブランドを抱えていた。

ガゼルは日本でもいすゞがライセンス生産したヒルマン・ミンクスの兄弟車で、内外装を高級化したミンクスのボディーに、独自の1.5リッター直4 SOHCエンジンを積んだサルーンだった。だが1958年にはミンクスと同じ1.5リッター直4 OHVエンジンに換装。マイナーチェンジを重ねた後、1967年にフルモデルチェンジされたが、1970年に生産終了となり、シンガーブランドも消滅した。

それから10年近くを経た1979年に登場したのが日産ガゼール。カナ表記は若干異なるが、英語では同じgazelleである。同時にフルモデルチェンジされた3代目シルビア(S110)の販売店違いの双子車となる、1.8リッター/2リッター直4 SOHCエンジン搭載のスペシャルティカーだった。当初はノッチバックの2ドアハードトップのみだったが、遅れて3ドアハッチバッククーペを追加設定。1982年にはハードトップボディーに2リッター直4 DOHC 16バルブエンジンを積んだ2000RSも加えられた。

1983年、シルビアと共に世代交代して2代目(S12)に。初代と同様、ノッチバックの2ドアクーペと3ドアハッチバッククーペが存在するボディーは、新たにリトラクタブルライトが採用された。1986年にシルビアがマイナーチェンジを受けた際にガゼールは販売終了。その名は2世代、約7年の寿命だった。

[ガズー編集部]

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ

MORIZO on the Road