初愛車スープラのカスタム相談に来店【取材地:GRGarage札幌厚別通】

  • スープラ JZA80

就職してはじめての愛車として選んだというJZA80スープラ。「全日本GT選手権(JGTC)で走る姿を見て憧れていたのと、まわりのクルマ仲間が乗っていない車種だったというのが購入を決めたポイントですね」とオーナーの沼本さん。
中古車情報を見つけて札幌から120km離れた旭川まで直接足を運び、実車をみてすぐに購入を決めたというエピソードからも、熱の入りようが伝わってくる。
お気に入りのポイントは「なんといってもスポーツカーらしくてカッコいい見た目ですね」と、スープラへの愛情は手に入れて7年になる現在もさめるどころかよりいっそう燃え上がっている様子!?

というのも、沼本さんは今回はじめてGRガレージ札幌厚別通を訪れたそうで「SNSでGAZOOの取材会があるという情報を見かけておもしろそうだと思ったのと、以前からレクサスのブレーキキャリパー流用とホイール購入を検討していたこともあって、この機会に相談してみようと思って来ました」とのこと。
ブレーキ流用については、中古パーツを使った場合のリスクや純正新品の価格などを考慮した結果、アフターパーツのブレーキキャリパーキットなども含めて改めて検討してみることに。
いっぽうで、ホイールは4周年祭記念セール価格で欲しかったモデルをゲット!

運転席を包み込むような形状が特徴的なスープラの運転席は、飛行機の『コクピット』みたいでレーシー! 平成9年式、走行距離11万4500キロということを感じさせないほどキレイな状態を維持していました。

沼本さんのスープラは純正でレカロシートやゲトラグ製6速ミッションなどが採用されたRZ-Sグレード。フロントにはレアアイテムの純正オプションパーツ『アクティブスポイラー』も装着。

純正大型スポイラーもお気に入りポイントのひとつ。現在は純正ホイールにスタッドレスタイヤの状態だけれど、雪が溶けたら新品ホイールを履かせたカッコいい姿に生まれ変わることが決定! 雪解けが待ち遠しいですね♪

メーカー・車名(型式):トヨタ・スープラ(JZA80)
グレード:RZ-S
初度登録年月:1997年12月
走行距離:11万4500km
エンジン型式(排気量):2JZ-GTE(3.0L)
オーナー:沼本さん

取材協力:GRガレージ札幌厚別通

[文:矢田部明子 写真:木下琢哉 (マイナーカラーコード)]

[ガズー編集部]

GAZOO取材会@GR Garage札幌厚別通

店舗紹介など

86&BRZ

トヨタ

ホンダ、三菱自動車、スズキ、スバル

MORIZO on the Road