安全安心なタクシーを呼べるタクシー配車アプリ~ComfortDelGroを使ってみた

 ComfortDelGro Corporation Limitedは、世界で最大級の交通サービスを提供する企業のひとつで、同社のWebサイトによれば全世界で18,805台の車両を運行している。シンガポールではComfortDelGroブランドでタクシー事業を展開しており、シンガポールのそこかしこで同社のコーポレートカラーであるブルーやイエローに塗られたタクシーを目にすることができる。

 そうしたComfortDelGroが提供しているのが「ComfortDelGro Taxi Booking App」。同社のタクシーを配車リクエストできるアプリだ。

ComfortDelGro社のタクシーに貼られているComfortDelGro Taxi Booking Appの広告
ComfortDelGro社のタクシーに貼られているComfortDelGro Taxi Booking Appの広告

タクシー上で現金払いが簡単

ComfortDelGro社のタクシーは青色と黄色がトレードマーク。街のあちらこちらで見かけることができる
ComfortDelGro社のタクシーは青色と黄色がトレードマーク。街のあちらこちらで見かけることができる

 ComfortDelGro Taxi Booking Appを利用するには、スマートフォンにアプリを導入する必要がある。

▼iPhone用「iTunes Store」
URL:https://itunes.apple.com/jp/app/comfortdelgro-taxi-booking-app/id954951647?mt=8
▼Android用「Google Play Store」
URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.codigo.comfort&hl=ja

 ComfortDelGro Taxi Booking Appを利用するには、FacebookアカウントおよびGoogleアカウントでログインするか、携帯電話の番号をIDとしてログインする。携帯電話番号でログインする場合には、SMS(ショートメッセージサービス、電話番号同士でやり取りするメッセージサービス)を利用して番号の確認を行なう必要がある。日本の携帯電話番号でも登録は可能だが、シンガポールで登録する場合には、通信キャリアの海外ローミングを契約し、海外でもSMSが受け取れる状態になっている必要がある。

ComfortDelGro Taxi Booking Appでは支払いはCabchargeないしはMasterpassのみとなる
ComfortDelGro Taxi Booking Appでは支払いはCabchargeないしはMasterpassのみとなる

 支払いをオンラインで行なう場合にはシンガポールのタクシー支払いサービス「Cabcharge」、あるいは電子ウォレットサービスの「Masterpass」のどちらかしか選択肢がない。それらのアカウントを持っている場合には簡単だが、クレジットカードを直接登録することはできないので、やや手間がかかる。それらのサービスに登録するのが面倒であれば、タクシーで現地に着いた時に現金で払うことも可能だ。

料金はタクシーのメーターに依存。アプリが表示する金額とは異なることも

ComfortDelGro Taxi Booking App
ComfortDelGro Taxi Booking App

 利用するにはライドシェアと同じように、現在地と目的地の両方を指定して、車両のサイズを指定する。用意されている車種はANY(車種は問わない)、NORMAL 4 SEATER(通常のタクシー)、LIMO 4 SEATER(4席のリムジン)、LIMO 7 SEATER(7席のリムジン)から指定できる。4人乗れればいいならANYを、逆に5人以上であればLIMO 7 SEATERを選択するといいだろう。

タクシーが現在どこにいるかを確認することができる

 ライドシェアとの大きな違いは、ライドシェアでは予約時に料金が決定するのに対して、タクシー配車アプリはあくまでタクシーが配車されるだけなので、料金はメーターで決定される。予約時にも料金は表示されるが、それはあくまで目安で、実際の料金はメーターで決定される。このあたりは日本のタクシー配車アプリのほうが近いだろう。現金で支払う場合には到着時にメーターに表示された料金を支払えばよい。

支払いは現金で可能
支払いは現金で可能

 現金で払った場合には領収書などはメールで送信されてこないので、ドライバーから領収書を受け取っておこう。アプリの予測では16~20SGD(シンガポールドル)となっていたが実際の料金は21.70SGDと予想よりもやや高くなっていた。このように、渋滞などがあれば料金は増えてしまう可能性があることは考慮に入れておいた方がよいだろう。

迎車料金もかかるので使いどころは難しいが、安全安心のタクシーが呼べることが価値

領収書、迎車料金として10SGDかかっていることが分かる
領収書、迎車料金として10SGDかかっていることが分かる

 このように、ComfortDelGro Taxi Booking Appはあくまでタクシー配車アプリになる。今回使ってみると、10SGDの迎車料金がかかっており、短距離だとライドシェアに比べて割高感は強い。シンガポールでも東京と同じように都心ではタクシーを見つけることは容易であることを考えれば、正直なかなか使いどころが難しいという側面はある。

シンガポールの街中には多くのタクシー乗り場があり、アプリを使わなくてもタクシーに乗るのは容易だ
シンガポールの街中には多くのタクシー乗り場があり、アプリを使わなくてもタクシーに乗るのは容易だ

 だが、ComfortDelGro Taxi Booking Appで呼べる車両は、シンガポール政府に登録されているタクシーの車両となる。その意味で、車両の整備状態やドライバーなどもきちんと登録されており、安心して利用できることが価値だと言える。そうした点を重視するなら利用価値は高い。

[ガズー編集部]

あわせて読みたい「シンガポールのMaaS事情」関連記事

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス