モビリティ

シェアパーキング、スマートパーキングという駐車場の新しい潮流

シェアパーキング、スマートパーキングという駐車場の新しい潮流

多くのドライバーにとって、駐車場と言えば、目的地の近くに到着したので停めようと思ったけど、どこも満車で空いていない……そんな悲しい思い出をお持ちのことだろう。だが、そういった心配から開放される時代が来るかもしれない。これから登場する未来駐車場、シェアパーキングやスマートパーキングであれば、空車待ちや空車の駐車場を探して走り回る必要など不要になる。

配車アプリ「グラブ」躍進で浮き彫りになる、日本の「聖域」【藤井真治のフォーカス・オン】

配車アプリ「グラブ」躍進で浮き彫りになる、日本の「聖域」【藤井真治のフォーカス・オン】

「モビリティサービス」や「MaaS」が流行の言葉のようになっている。新しいビジネスが生まれ人々の移動がより便利で快適で低コストになっていく。モビリティに大きな変革が来る。自動車業界を超えた大きな夢と期待が膨らんでいるようだ。

CASE領域で三菱電機ならではの特徴を…CES 2019

CASE領域で三菱電機ならではの特徴を…CES 2019

三菱電機は、アメリカ・ラスベガスで開催されたCESに出展し、同社のCASEへの取り組みをアピールした。取材に応じた同社 専務執行役 自動車機器事業本部長の井口功氏は、「我々のアドバンテージを活かし、特徴のある取り組みをしたい」と強調した。

デンソー、MaaSで必要となる新たなコネクテッド技術、デンソーが披露…CES 2019

デンソー、MaaSで必要となる新たなコネクテッド技術、デンソーが披露…CES 2019

デンソーは、米ラスベガスで開催した家電見本市「CES 2019」に出展し、改良を施したMaaS(Mobility as a Service)向け車載コンピューターのプラットフォーム「Mobility IoT Core」を公開した。前年の開発品から車載コンピューターとして処理能力を高めたのが特徴となる。

映画でしか見たことがなかった無人の自動運転車をスマホで呼び出して乗れるMaaSによる近未来とは

映画でしか見たことがなかった無人の自動運転車をスマホで呼び出して乗れるMaaSによる近未来とは

未来の交通社会と言えば、世代によって印象は異なると思うが、映画なりアニメの中に登場する、空も飛べる自動車、ドライバーがいなくとも自動で走行していく自動運転車あたりは共通の認識ではないだろうか。そうした、未来の交通社会がまもなく現実になろうとしている。

31~60 / 129